メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2533】環日本海 水澄みの里 純米大吟醸(かんにほんかい)【島根】

2016.8.21 21:05
島根県浜田市 日本海酒造
島根県浜田市 日本海酒造

【Y居酒屋にて 全2回の②完】

 わたくしが属している登山グループの反省会と、メンバーS隊員の送別会がY居酒屋で開かれた。10時間くらいかけての登山のあとの飲み会だから、大いに盛り上がった。

 飲み会では、まず、N隊員提供の「たてにゃん 純米大吟醸 vol.1」を飲み、続いて異動するS隊員の奥さま提供の「環日本海 水澄みの里 純米大吟醸」をいただいた。

 なぜこのお酒を?という問いに、S隊員は「妻が島根県出身なもので島根の酒を選んだようです」。なるほど、だ。日本海酒造の酒は以前、「環日本海 にごり酒」(当連載【1824】)をいただいたことがある。興味津々で「環日本海 水澄みの里 純米大吟醸」をいただいてみる。

 旨みと酸が来る。これが第一印象。旨みたっぷりだが、古本屋的風味が混じる複雑独特な旨みのディテール表現は不可能。中盤から余韻にかけては、酸とわずかな辛み。ふくよかなタッチで、総じてしっかりとした味わいのお酒。香りは抑えられており、純米大吟醸というが、いかにも純米的なお酒だった。おいしいお酒だった。

 瓶の裏ラベルは、この酒を「山田錦を蔵人が手間隙(原文ママ)かけて仕込み、長期低温醗酵で醸された芳醇な香りが特長です」とと紹介している。裏ラベルの表示は「原料米 山田錦100%、精米率40%」。

 また、蔵のホームページはこの酒を以下のように紹介している。「米は地元の契約栽培により愛情込めて育てられた『山田錦』 芳醇な香りとやわらかな口当たりが特徴の純米大吟醸です」

酒蛙