メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2667】三重の寒梅 吟醸 生貯蔵(みえのかんばい)【三重】

2017.1.1 21:54
三重県四日市市 丸彦酒造
三重県四日市市 丸彦酒造

【P居酒屋にて 全11回の①】

 半年ぶりの、酒友・オタマジャクシ&U&美女軍団との飲み会。オタマジャクシは蛙のわたくしより若いため、そう自称している。この飲み会の場所は、P居酒屋と決めている。店長が、わたくしが飲んだことのない蔵の酒を用意してくれるからありがたい。感謝、感謝、だ。今回はわたくしにとっての初蔵酒を5種類用意してくれた。ありがたい。

 まずは「三重の寒梅 吟醸 生貯蔵」。この蔵の酒はわたくしにとって初めてだ。さて、いただいてみる。

 酒蛙「酸味たっぷり。旨みもあり、なかなかいいね」

 オタマジャクシ「辛い」

 美女MOさん「酸味が出ている」

 美女MIさん「最初、酸味がきますね」

 酒蛙「フルーティー。やわらかなタッチ」

 U 「旨いね」

 美女MIさん「後味が残らない」

 酒蛙「たしかにキレが良い。さっぱり軽めの飲み口」

 オタマジャクシ「途中から味が膨らむ」

 美女MIさん「全体的に強いかな」

 酒蛙「後味と余韻も酸」

 美女Sさん「ほわっとくる。甘みも感じる」

 美女Oさん「すいっと飲める」

 トップバッターの「三重の寒梅 吟醸 生貯蔵」は、なかなか旨い酒だった。肩が凝らずに飲める旨酒だった。

 瓶のラベル表示は「原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール、精米歩合 60%」にとどまり、使用米の品種名を非開示にしているが、蔵のホームページでは「三重の寒梅は山田錦を100%使用しています」としている。

 また、蔵のホームページはこの酒を「フルーティで軽快な味わいです。冷蔵庫で冷やしてお召し上がり下さい」「飲み飽きしない酒質 晩酌にお勧め」と紹介している。

酒蛙