メニュー 閉じる

47News

文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2890】隆 純米大吟醸 播州山田錦45 火入 2014年度醸造(りゅう)【神奈川】 

2017.5.10 21:58
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
神奈川県足柄上郡山北町 川西屋酒造店
神奈川県足柄上郡山北町 川西屋酒造店

【H居酒屋にて 全6回の①】

 なじみのH居酒屋の店主からメールが入った。「新しいお酒が6種類入ったので、テイスティングにいらっしゃい」。おおっ、それなら行かなければならない。おっとり刀でH居酒屋に向かった。わたくしは、H居酒屋の酒メニューをつくってあげている。ふつうの酒メニューは酒名の羅列だが、これだとお客さんはどんな酒なのかさっぱり分からない。このためわたくしが、酒名の隣に酒質の1行解説を付けたメニューをつくってあげており、これが好評。そのためにはテイスティングが必要、というわけだ。

 さて、6種類の酒の中から、トップバッターに「隆 純米大吟醸 播州山田錦45 火入 2014年度醸造」を選んだ。以前飲んだ「隆 純米大吟醸 播州山田錦 四五 火入」(当連載【1509】)と同じ酒だとおもうが、今回の酒の醸造年度と製造年月が気になったので取り上げてみた。

 ラベルの表示は2014年度醸造。これは2014年7月から2015年6月までの間に醸造した酒、という意味。またラベルの製造年月は「16.12」。これは2016年12月に瓶詰めし出荷できる態勢にした、という意味だ。醸造月は分からないが、おおむね2年間くらいタンクで熟成させ瓶詰めした、という意味だ。なぜ2年ほど熟成させたのか。ともあれ、いただいてみる。

 酒蛙「上立ち香と含み香にすこし古酒香がある。酸が出ている」

 店主「はい、古酒香が出ているのは分かります。甘みあり、酸があり、キレが良い」

 酒蛙「古酒香があり、すこしやわらかく、丸みを感じる。甘旨酸っぱくて、余韻は苦み。ふくよかで、重からず軽からず中庸の厚みだが、しっかりとした味わい。熟成しているので、全体的に“落ち着き感”がある。そして、キレが良い」

 全体的に古酒香と丸みと“落ち着き感”を感じた。これは、想像でしかないが、新酒のときは、非常に硬い酒だったので2年ほど熟成させ、丸みを出してから瓶詰め・出荷したのかな、とひとりごちている。

 ラベルの表示は「原料酒米 2014年度兵庫県産山田錦、精米歩合45%」。

 この蔵の主銘柄は「丹沢山」。「隆」ブランドは全国約30の特約店扱い商品。

酒蛙

最新記事