メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3605】加古屋 純米 無濾過生原酒(かこや)【兵庫県】

2018.10.22 14:44
兵庫県朝来市 此の友酒造
兵庫県朝来市 此の友酒造

【H居酒屋にて 全4回の①】

 以前からときどき、飲み会で一緒になるKとAと3人で、なじみのH居酒屋で飲む。3人だけで飲むのは、半年くらい前の焼鳥屋で以来。

 わたくしは、全国の全現役蔵の酒を飲むことを目指しており、趣旨に賛同したH居酒屋の店主が、わたくしにとっての初蔵酒を時々、店に入れてくれる。今回は2種類の初蔵酒を入れてくれた。ありがたい。感謝感激だ。最初に飲んだのは、此の友酒造の「加古屋 純米 無濾過生原酒」。見るのも聞くのも初めての蔵および酒名だ。さて、いただいてみる。

 酒蛙「フルーティーな上立ち香」
 K 「飲みやすい」
 酒蛙「甘みと旨みが出ている。途中から辛みが出てくる」
 A 「無濾過ナマゲン。濃いね」
 K 「最初の一口で飲みやすいとおもったけど、だんだん辛みが出てくる」
 酒蛙「力強く、飲み応えがある。余韻は辛み。酸があまり感じられない」

 瓶の裏ラベルは、この酒を以下のように紹介している。「1690年創業。但馬杜氏が真心込めて醸す限定流通品。食中酒をテーマに、軽快な酸が食材を一層引き立てます」

 ラベルの表示は「原材料名 米(兵庫県産)米麹(兵庫県産米)、アルコール分17度、精米歩合70%、仕込水 蔵内の天然湧水使用(やや軟水)、杜氏 勝原誠(但馬杜氏)、飲み頃温度 冷酒、甘辛度 やや辛口、製造年月30.7」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 この蔵の主銘柄は「但馬」。コトバンクによると「兵庫県北部の旧地名で、但馬杜氏発祥の地『但馬』に由来」と説明している。今回の酒名「加古屋」は、この蔵の屋号。

 この蔵は、天空の城「竹田城跡」で有名な朝来市にある。

酒蛙

関連記事 一覧へ