メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3083】寿々乃井 寿月 純米吟醸 しずく酒 亀の尾 生詰(すずのい じゅげつ)【福島】

2017.10.8 22:19
福島県岩瀬郡天栄村 寿々乃井酒造
福島県岩瀬郡天栄村 寿々乃井酒造

【TU会 全5回の②】

 2カ月に1回のペースで、M居酒屋で開いている異業種間飲み会「TU会」。今回は、2人が欠席し、7人で開かれた。

 店主がトップバッター「さかみずき 大吟醸」に続いて持ってきたのは「寿々乃井 寿月 純米吟醸 しずく酒 亀の尾 生詰」だった。このお酒も「さかみずき」同様、わたくしにとっての初蔵酒。店主は、全国の蔵の酒を飲みたい、というわたくしの希望を理解し、わたくしにとっての初蔵酒をせっせと取り寄せ、出してくれる。ありがたい。感謝感激だ。さて、いただいてみる。

 酒蛙「甘い。旨みもある。香りは抑えている」

 TU「甘くて辛い!」

 酒蛙「ん? 辛みは最初、感じないぞ。飲み進めていけば、余韻に辛みが出てくる。軽からず、重からず、中庸」

 KN「苦みを感じる」

 酒蛙「フルーティーな甘み。酸がすこし出て、余韻は辛み。余韻がすこし長い。けっこう旨いね」

 ヨネちゃん「やわらかい」

 酒蛙「やわらかくて、ふくよか」

 ヨネちゃん「たしかに! 酸がすこし出てくると、苦みが抑えられるのかも」

 TU「口の中で、酒をくちゃくちゃしていると、酸が出てくる」

 U 「そうだ」

 酒蛙「そうだ。酸が出てくると、苦みも増す」

 瓶の肩ラベルの表示は「原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)、精米歩合55%、アルコール分17度以上18度未満」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

酒蛙

関連記事 一覧へ