メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3526】勇心 純米 山田錦 精米歩合80(ゆうしん)【香川県】

2018.8.18 0:07
香川県綾歌郡綾川町 勇心酒造
香川県綾歌郡綾川町 勇心酒造

【S居酒屋にて 全10回の⑦】

 Mうなぎ屋で飲み会を開いた。プロ野球デーゲーム観戦の前夜祭だ。5人でそれぞれ7種類のお酒をいただき、KとわたくしはS居酒屋に転戦した。この店は、酒友Oから紹介されたものだ。Oは、いくら飲んでも表情一つ変えない。だからわたくしは、彼を鉄仮面と呼んでいる。鉄仮面が推薦した店だから間違いはないだろう、と暖簾をくぐった。すぐに、いい店であることが分かった。

「秋鹿 純米大吟醸 レトロラベル」「小左衛門 Dessin 根っこ 生」「秀よし 純米吟醸 ひまわり」「与右衛門 夏ぎんが 純米吟醸 無濾過生原酒」「白隠正宗 純米 生酛 誉富士 ひやおろし28BY」「梅錦 山川流 純米」に続いて7番目に選んだのは「勇心 純米 山田錦 精米歩合80」だった。

「勇心」は以前、「勇心 純米吟醸 十四号」(当連載【2783】)を飲んだことがある。今回の酒はどうか。室温管理のものをいただく。

 さっぱりした飲み口で、酸味たっぷり。中盤から後味は辛み。キレが良い。これは酒が進む。食中酒に最適だ。精米歩合80%とはおもえない、きれいな酒質。実に美味しい。山田錦で造ったお酒というと、ふくよかで味わい豊かな酒のイメージがあるが、これはすっきりタッチのお酒だった。

 蔵のホームページはこの酒の特徴として「山田錦のやわらかな米のうまみが広がり、キレもあります。勇心 純米吟醸より辛口です。ぬる燗(40℃前後)~熱燗が特におすすめです」と紹介している。

 瓶のラベルの表示は「精米歩合80%、原料米 香川県財田町産減農薬無化学肥料栽培山田錦100%、アルコール分15.5度、甘辛度 やや辛口」。

 酒名および蔵名「勇心」の由来について、蔵のホームページは「先代社長の徳山勇が当主を務めた1952年(昭和27年)に自らの名前を一文字とって『勇心ゆうしん』としました」と説明している。

酒蛙

関連記事 一覧へ