メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3499】澤乃井 特別純米(さわのい)【東京都】

2018.7.31 21:07
東京都青梅市 小澤酒造
東京都青梅市 小澤酒造

 登山グループのJさんが、めでたく会社を卒業され、他県に定住することになったので、送別会を開くことになった。会のため、お酒の提供が2人からあった。このうち、3カ月前に転勤に伴う送別会で送り出されたSさんが、この日のために「澤乃井 特別純米」を送ってきた。

「おおっ、ありがたい。でもなぜ『澤乃井』なの?」と聞いたら、電話のSさんは「あはは、東京の地酒だから珍しいとおもって。みなさんで飲んでください」。Sさんは東京本社に戻られたのだった。

「澤乃井」は、今回のお酒を含め、当連載で5種類を取り上げている。今回のお酒はどうか。冷酒でいただいてみる。

 さっぱり、すっきりしたタッチ。酸が立つ。きれい感あり。旨み適度。わたくしが好きなセメダイン香(ベンゼン環芳香族系の芳香)がわずか。酸が立ち、さっぱりした酒質なので、全く飲み飽きしない。まさしく食中酒。宴会酒に最適なお酒だった。当然、わたくしたちは、たちまち1升を空けた。

 瓶の裏ラベルは、この酒を「特別純米は 上等な純米酒ということ よく磨いてあるから きれいな味になって 肴もうまい」と説明。

 蔵のホームページは「きれいで穏やかな味わい」と紹介している。まったく、その通りだとおもった。

 瓶の裏ラベルの表示は「原材料名 米(国産)米麹(国産米)、精米歩合 麹米55% 掛米60%、アルコール分 15度以上16度未満」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名「澤乃井」の由来について、コトバンクは「酒名は、所在地の旧称『沢井村』にちなみ命名」と説明している。

酒蛙

関連記事 一覧へ