メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3440】白駒 純米 いまじょう(はくこま)【福井県】

2018.6.16 12:54
福井県南条郡南越前町今庄 白駒酒造
福井県南条郡南越前町今庄 白駒酒造

【日本酒研究会月例会 全6回の①】

 異業種の酒飲み人が月1回、M居酒屋に集う日本酒研究会。研究会とは名ばかりで、単なる飲み会。ちょっとカッコつけて研究会だ。今回はSとFが仕事のため欠席、5人による月例会となった。

 店主が最初に持ってきたのは、わたくしにとっての初蔵酒「白駒 純米 いまじょう」だった。わたくしは無謀にも、全国の全現役蔵の酒を飲むことを目指しており、これに店主が賛同。月例会のたびに、わたくしにとっての初蔵酒を探し出してくれている。ありがたい。感謝感激だ。さて、いただいてみる。

 酒蛙「昭和レトロ感的熟成感的クラシカル香味がすこしいる」
 H 「においをかいだだけで、クラシカル香味がいるのが分かる」
 KI「軽快なタッチだ」
 T 「軽快じゃないよ」
 KO「1杯目としてはきついかも」
 酒蛙「甘みが出ている」
 KI「悪くないね」
 酒蛙「甘みに酸が付いてくる。余韻は軽い苦み」
 KO「辛みがすくないね。温度がすこし上がり、人肌くらいになったら飲みやすくなった」
 酒蛙「甘みが出ているクラシカル酒だね。オールドファンに非常に好まれそうだ」

 瓶の裏ラベルの表示は「精米歩合50%、原料米 福井県産五百万石100%、アルコール分15度以上16度未満」。

 酒名の副題「いまじょう」は、蔵が所在する地名「今庄」のことである。

酒蛙

関連記事 一覧へ