メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3307】名城 大吟醸(めいじょう)【兵庫県】

2018.3.12 11:32
兵庫県姫路市 名城酒造
兵庫県姫路市 名城酒造

【U居酒屋にて 全4回の③】

 友人たちと寄席を楽しんだ。落語を聞きながら、弁当をつまみビールを飲むという極楽モード。トリが終わってから、近くの居酒屋に繰り出した。飲み放題メニューの中から酒を選ぶことにする。

「松竹梅 豪快 辛口 佳撰」「北の風雪 純米吟醸」と飲み進め、3番目に選んだのは「名城 大吟醸」だった。名城酒造の酒は以前、「名城 極みの一滴 中取り 大吟醸」(当連載【3293】)を飲んだことがある。これはどうか。

 すっきり、さっぱり。これが第一印象。大吟醸ではあるが、吟醸香は、ほのか。ものすごく軽快な酒質。辛みが感じられ、ひとことで言うならば淡麗辛口のお酒だった。食中酒に向いているお酒だとおもった。

 ラベルの表示は「アルコール分15度以上16度未満、原材料名 米(国産)米麹(国産米)醸造アルコール、精米歩合50%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名・蔵名の「名城」の由来は、コトバンクによると「酒名は、姫路城にちなみ命名」とのこと。

酒蛙

関連記事 一覧へ