メニュー 閉じる

47News

文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

沖縄そばじょーぐー(上戸)たまきまさみの一番長い日

2017.10.16 16:22
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄そばじょーぐー(上戸)たまきまさみの一番長い日
沖縄そばじょーぐー(上戸)たまきまさみの一番長い日

 「そんなに好きなの?」

 「知りたかったんです、どれぐらい好きなのか・・・」

 小さな部屋に響いたその言葉。ドラマチックに聞こえるが、毎度おなじみ問答無用の沖縄そばの話である。

 那覇まちぐゎー案内所「ゆっくる」が企画した沖縄そばスタンプラリーに参加して、沖縄そば29杯を1カ月と少しで食べ、「そばじょーぐー」に認定されたという私の話に、沖縄生麺協同組合事務局の畠山常子さんは目を丸くして、そう問いかけてくれた。

 沖縄そばを29杯食べたことでその奥深さに目覚め、歴史にも足を踏み入れようと、那覇市金城の沖縄産業支援センターにある沖縄生麺協同組合を訪ねた。

 今回だけで少なくとも29回は気にも留めずに軽くその名を呼んでいた「沖縄そば」。この名前にすら歴史があることも知らずにのうのうと生きてきた。

 今からちょうど39年前、くしくも私が生まれた1978(昭和53)年に「沖縄そば」という呼称が認められ、世の中で誰しもが当たり前のようにこの名前を口にすることができるようになったわけだが、ひとつの名前の裏側には、決して平たんではない道のりがあったという。………≪沖縄タイムスの記事(2017年10月14日付)≫(全文はこちら)

 

 

たまきまさみ@那覇(沖縄タイムス)
オススメ:沖縄そば

最新記事