×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

昭和レトロ キュウリはさんだ幻バーガー

2007.9.27 9:00 共同通信
ミドリ色のキュウリ、見えますか?
ミドリ色のキュウリ、見えますか?

出張人間の私にとって楽しみといえば、各地の知る人ぞ知るGOHANを食べること。これまで何度か福岡を訪れた。そして、街角で「幻のバーガー」という看板を見かけ、えらく気になっていた。「幻」と聞くと、現役時代のガッツ石松が繰り出した右フックしか思いつかない。うーむ。いったいなにが幻なの? そんな思いを胸に、先日ようやく幻のハンバーガーにありついた。

その店は、地下鉄「中洲川端駅」出口の近くにある、大洋映画劇場の中にあった「湖月カレー」。れっきとしたカレー専門店。この店の前身とされる店が、昭和28年から2年ほど、米軍板付基地の兵隊さんに評判のハンバーガーを売っていたという伝説がある。それがこのほどリバイバル販売されたのだ。地元の人に尋ねてみたら、佐世保バーガーや唐津バーガーに対抗して「天神バーガー」などと呼ばれているみたいで、けっこう好評。

maboroshi_02.jpg店を訪れて店員さんの説明を聞くと、ハンバーガーとチーズバーガーの2種類があり、「幻」と言われるのはチーズバーガーのほうだという。8枚のチーズが入っていて、ちょっとカロリーが気になる。体のデカイ兵隊さんが喜びそうなサイズだが、メタボな私にはちょっとなあ、、、、

kiyuurimaru.jpg写真を撮るためホテルに持ち帰り、アルミホイルを開けてヒックリした。チーズの量が半端じゃない。トマトもめちゃめちゃ分厚い。ハンバーグは小ぶりに見えるが一般的なファーストフードの倍くらいの厚さ。なかでも目を疑ったのが、分厚いキュウリがしっかり挟まれていたことだ! ソースはマヨネーズ味がきいていて、パンのしっとり感がなかなか。この「幻」が500円。コスト・パフォーマンス良すぎですよ。

埼玉県民の私にはピンと来ないが、地元・博多っ子にとって、湖月のカレーは昭和レトロの象徴のひとつだそうです。米兵相手に2年ほど販売していた人気バーガーに、なんとキュウリが使われていたという事実に、当時の福岡市内の食材事情を感じるのですよ、私は。

 

 

BooBoo7@さいたま>
住所  :福岡市博多区中洲4-6-18
電話番号:092-291-4058

最新記事