メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

豚肉なのに「やきとり」

2007.11.5 10:00 共同通信
定番の豚精肉(左)と柔らかな口当たりが人気のシロ
定番の豚精肉(左)と柔らかな口当たりが人気のシロ

鉄鋼産業最盛期には18万人を超える都市だった北海道・室蘭市。現在は10万人を切るまで減少し、なかなかその人口流出に歯止めがかかりません。ところがどっこい。ここに来て、この室蘭の街がイロイロと全国的にも注目されているのです。

その筆頭が、この
「やきとり」

室蘭やきとりの特徴は、なんといってもプリプリの豚肉に濃厚なタレ。玉ねぎの甘みと洋がらしが絶妙なハーモニーを奏でます。
室蘭市のウェブサイトによれば、市内の「やきとり」店は67店。確かに、街のあちこちに赤提灯やのれんが出ています。ちなみに福岡県・久留米市などとともに「全国7大やきとりの街」のひとつとされており、「室蘭やきとり天国」というご当地ソングまで登場。地元の夏祭りなどではすっかりお馴染みのメロディーになっています。toritatsu2.jpg

この日お邪魔したのは室蘭やきとりの老舗「鳥辰」さんの中島店。立地は繁華街のど真ん中ですが、路地裏にあるため渋~い、昭和っぽ~い雰囲気がぷんぷんいたします。

豚肉なのに、なぜ「やきとり」なの? な~んて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、だし汁をかけても「お茶漬け」って言うのと同じですね(ちょっと強引?)。ルーツについては、昭和の初期に軍の靴を作る革を取るため、養豚を奨励した結果など諸説あるようです。

やきとりのほかにも、室蘭は「カレーラーメン」や鉄製ボルト人形「ボルタ」など、なにかと日本列島に話題を提供してくれるユニークタウン。いずれも、鉄の街が育んだ豊かな「食」あるいは「職」の文化ではないでしょうか。

全国の皆さま、ハヤブサの生息地で自然豊かな港町でもある室蘭へ、やきとりを食べにきませんか!?

 

 

も~り~@蝦夷>
住所  :室蘭市中島町1丁目23-17
電話番号:0143-41-3033

最新記事