メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

つけ麺の源流を求めて

2007.11.8 10:00 共同通信
私のお気に入りは、もやしつけ麺
私のお気に入りは、もやしつけ麺

 あなたの街には「つけ麺」ありますか?
 ふらっとS@宮城さんが「冷やし中華」が仙台生まれと書き、チョキッ@ふくいさんがソースカツ丼は福井が「元祖」と激筆しましたが、「つけ麺」はお江戸生まれです。ラーメン屋さんの厨房で店員さんがうまそうに食べていたまかない食を見た客が「それ、ちょうだい」とせがんだのが商品化のきっかけ――というのが定説です。

 中華麺を「つけそば」のようにして食べるのですが、つけスープ(つゆ)は温かく、チャーシュー、メンマ、もやし、煮卵などを入れるのが一般的。一方の麺は冷水でしめている店が多いです。

 つけ麺ブームの火付け役といえば、東京・東池袋(豊島区)にあった「大勝軒(たいしょうけん)」です。いつも長い行列ができる伝説の店でした。しかし、オーナーが病気のため、2007年6月、全国のファンに惜しまれながら店を閉めました(涙)。山岸さんのもとで修行して暖簾分けを許された「大勝軒」は全国にありますが、今回はあえて中野区にある「大勝軒」に足を運んでみました。理由は、中野区の「大勝軒」こそ、山岸さんが若いころに働いていたお店であり、つけ麺のルーツとされる「まかない食」のエピソードがここで生まれたと言われているからです。

 東池袋「大勝軒」のつけ麺スープはやや甘酸っぱい味付けでしたが、中野「大勝軒」のスープは甘みなし。看板は同じでも味はずいぶん違います。しかも、口の中に広がるスープは心なしか和風!!。 だしにカツオ節がたくさん入っているようで、あっさり感があります。麺は超柔らかめで喉ごしもやさしい。麺を食べ終わると“割りした”をもらえます。ごくごく飲んでも後味はスッキリ、サッパリ。わたし的には久々のイチ押しです。

 伝説的なラーメン店に言及するときに注意しないといけないのは、お店の系譜・系統。今回参考にしたのは はてなダイアリー > キーワード > 大勝軒 で、それによると大勝軒は、東池袋系統/丸長大勝軒系 ▽ 中野・代々木上原系統/丸長大勝軒系 ▽ 永福町系、人形町系 ▽ 丸長のれん会・・・などいくつもあり、下手なことを書くと熱烈なファンからボコられるので、ちょいコワです。

 

 

あるっく@江戸>
住所  :東京都中野区中野3-33-13
電話番号:03-3384-9234
営業時間:10:30~21:00

最新記事