メニュー 閉じる
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

土佐みやげの定番? エチオピア饅頭

2007.12.3 8:30
ヒロスエも嘉門達夫も好きだという通称「エピまん」
ヒロスエも嘉門達夫も好きだという通称「エピまん」

 土佐と饅頭とエチオピア。三題話のような取り合わせだが、高知には「エチオピア饅頭」というをインターナショナルなスイーツを作っている老舗和菓子店があり、カルト的な人気を呼んでいる。

 ニッポンのGOHAN総元締のぐうが@高知さんも、上京した際に47編集部を訪れて

「ほれ、高知の土産じゃキニ!」
 と含み笑いをして手渡してくれたのが、このエチオピア饅頭であった。・・・・なんだこれ? ポカ~ンと口を半開きにした私に、ぐうがさん曰く「箱の中に、名前の由来とか、ヒロスエのこととか、GOHANの記事にしたらどうよ」。

 というわけで、なぞの「エチオピア饅頭」をありがたくいただいた。

epiman_package.jpg おそるおそる箱を開けてみると、黄色っぽい小さな饅頭が20個ならんでいた。一つつまんで中を割ってみたが、特に変わったところはない。口に含んでも、黒糖風味のおいしい饅頭であることはよく分かったけれど、どこがエチオピアなのか全く分からない。メーカーは高知県香南市の有限会社・近森大正堂。うーむ、わからん・・・

 ぐうがさんが言っていたとおり、箱の中には〈しおり〉が入っていて、名前の由来が記されていた。それによると、近森大正堂さんの創業の地は「白下糖」と呼ばれる黒糖の特産地で、1919年(大正8)に初代店主が黒糖を使って「黄まんじゅう」を製造・販売した。商品名は、会社の所在地にちなんで「のいち饅頭」と命名された。

 それから十数年後、遠いエチオピアの地で戦争が勃発した。近森大正堂さん〈しおり〉には

エチオピア大国はイタリアの侵略を受けましたが、エチオピア軍は勇敢に迎えうち苦戦のうちに撃退することができました

とある。これだけではよく分からないので、百科事典を調べてみると、この戦争は第2次エチオピア戦争と呼ばれ留物であることが分かった。

epiman_fade_out.jpg 当時のイタリアはムッソリーニ首相がファシズムを推進しており、1935年10月にエチオピアへの侵略を始めた。イタリア軍の近代兵器に対し、エチオピア側はラスと呼ばれる地方の豪族たちが連携して抗戦した。しかし、毒ガスまで使ったイタリア軍の攻撃に、1936年5月、首都アジス・アベバが陥落。エチオピア側はゲリラ戦を展開し、 36年にエチオピアの主権が回復した。

 なんだか歴史の教科書みたいになった。

 近森大正堂さんの〈しおり〉には、こうんな文章が載っている。

このニュースに非常な感動を受けた主人は、このエチオピアの名を敬意と賞賛とを込めて、愛する饅頭に名づけ「エチオピア饅頭」と改めたのでございます。

 つまり、高知の饅頭と

エチオピアとの間には、縁もゆかりもく
 なく、たんに初代店主さんが、エチオピア軍の闘いに心を打たれたというだけのようだ。だが、「だけ」などというと、少し失礼にあたる。なぜなら、エチオピア饅頭が話題を呼ぶにつれてエチオピア大使館の知るところとなり、1996年にエチオピア大使が近森大正堂さんを訪問するという、初代店主が聞けば感涙モノのイベントがあった。以来、エチオピア饅頭の看板やパンフ、しおりには「エチオピア駐日大使公認」の文字が刷られるようになった。

 どこまで行っても歴史の教科書みたいなので、最近の話題を少々。

 このエチオピア饅頭は、タレントの嘉門達夫さんがTBSテレビの「花まるマーケット」で紹介したり、ヒロスエ(広末涼子)さんが好物だと公言しています。芸能界ではブレークしているようですね。

 いずれにしても、ごちそうさまでした>ぐうがさん

 

 

あるっく@江戸>
住所  :高知県香南町野市町西野227-3
電話番号:0887-56-4348
オススメ:エチオピア饅頭

最新記事