メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

歯間に思い出、サラダパン

2008.4.28 10:00 共同通信
コッペパンの中は
コッペパンの中は

 「たくあん入りのコッペパン」という意外性が受け、いまや人気は全国級に

なったサラダパン。一度、試食してみるべく、琵琶湖の北にある町へ買いに出か

けてきました。

 このパンを販売する「つるや」があるのは滋賀県木之本町。往時の面影をしの

ばせる旧北国街道沿いに面しています。街道自体はひっそりしているのですが、

周囲には住宅街が立ち並んでいるほか、学校も近くにあるため、なじみのお客さ

んがちょこちょ出入りしているのが伺えます。

 さてお目当てのパンは、印象的な黄色の包装に包まれて、入り口近くに積まれ

ていました。お店の人に聞くと、卸しているスーパーなどを含めれば、1日

100個前後は販売されているとのこと。

 さてパンを買い、封を開けて取りだします。見た目は、いたって普通のコッペ

パン。切込みがあって、それを広げてみると・・・、マヨネーズと和えたたくあ

んが現れました。ちょっとドキドキしながらパンをほおばります。

 たくあんならではのシャリシャリした食感ですが、思ったほどその臭さはな

い。たくあんらしき塩っぽさはありますが、むしろ別の具を食べているかのよう

な感覚です。想像していた以上にあっさりしているので、お腹が空いていたせい

もあってか、2つ目もペロリと食べてしまいました。

sarada2.jpg このパンは

誕生から、およそ50年。それだけの間、販売されてきたということは、決してゲテモノ

ではなく、地元の人たちに愛されてきたことにほかなりません。ちなみに木之本へは

06年10月、JR北陸本線の直流化で、京阪神から直通の新快速も運行されるように

なり、アクセスが便利になりました。

 帰りの車中、歯の間に挟まったたくあんのかけらが舌の上に現れ、サラダパン

の思い出もより深いものになりました。春の湖北路散策のお供にいかがですか?

 

 

こめせん>
住所  :滋賀県木之本町木之本1105
電話番号:0749-82-3162

最新記事