メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

総長殿、美味なカレーでございました

2008.5.12 10:00 共同通信
「総長カレー」にはたっぷりのビーフ
「総長カレー」にはたっぷりのビーフ

たとえば、こんなボヤキをよく聞きます。

「学食カレーって、しょせん値段と量だけ」

「そうそう、胃袋を満たすのが目的だし期待できないよね」。

あるいは、近頃こんな嘆きを聞くこともあります。

「最高学府がブランド競争をしてどうするのよって感じ」

「まったく、アカデミズムの矜持や品格をどこへ捨てたんだろ」

ふっふっふっふっふ…。そんなふうにボヤいたり、嘆いたりするアナタ! アナタたちにぜひぜひ食べさせてみたいのが京都大学の「総長カレー」です。

このカレー、文字通り、第24代京大総長(「総長」は旧帝大特有の呼び方で、ふつうは「学長」です)で俳人でもある尾池和夫先生みずからプロデュースした逸品で、生協のレストラン「カンフォーラ」の人気メニュー。レトルト版はインターネットでも飛ぶように売れているとか。socho02.jpg

噂に聞いてはいたが、なかなか食べる機会がなかったところ、京都在住の食通で人気ブログを書いておられた「ラ党通信」さんが上京された際にいただいた(感謝!)。

お湯の中で数分温めたレトルト包装を開けた瞬間、香りがポワーン。クローブ、クミン、ターメリック、コリアンダー、生姜、ニンニク… いろんなスパイスが混じり合った上品な香り。おもわずほほがゆるみ、笑みがこぼれる。お皿に盛った炊きたてご飯に注いでいくと、大きな牛肉のかたまりがゴロゴロ出てくる。箱の説明を読むと、1パック230g入りで、牛肉は125gも入っているという。バナナやココナッツミルクまで隠し味で入っているとも。。。。うーん、まさにゴージャス、 さ す が 総 長 !

sochocurry_r1_c7.gifひとさじ目。小さなつぶやき。「おやおや? しっかり辛いぞ」

ふたさじ目。落ち着いて分析。「深いぞ。タマネギの甘みと肉のうま味が香辛料で引き締まって……」。

みさじ目からタガはずれて「おおおおおお、ウマー。めちゃめちゃウマーい!」

4さじ目以降の記憶は……ありません。

食べ終わったあとに出た言葉は、表題のとおり。「総長殿、美味なカレーでございました。ラ党さま、ごちそうさまでした」でした。

▼関連記事

「総長カレー」レトルトで登場/京大吉田キャンパス 辛ささっぱりと【京都新聞】

 

 

コテコテ@OSAKA>
住所  :京都市左京区吉田本町(京都大学 正門前)
電話番号:075-753-7628
オススメ:総長カレー

最新記事