メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

スッポンラーメンで夏バテを吹っ飛ばせ!

2008.8.18 10:28 共同通信
カラダにびんびん効きそー
カラダにびんびん効きそー

 コラーゲンたっぷりのスッポンは「カラダにびんびん効きそー!」

 上司の薦めで、「鉄」記者とともに岐阜県関市にあるラーメン店「大和」の「スッポンラーメン(1050円)」と「スッポン雑炊(1050円)」を味わった。

 スッポンラーメンは、大和の店主・波多野★(かたし)さん(57歳)と女将の千代子さんがこしらえるラーメン用のスープとスッポンを仕込んで作ったコラーゲンエキスを合わせたダブルスープ。隠し味は飛騨の酒を使う。スッポンの臭みを消し柔らかくまろやかな味を生み出す。

私は「スッポンラーメン」、鉄記者は「スッポン雑炊」を注文。じっくり待つこと、15分。

 豪華な器に入ったスッポンラーメンは、なぜか中華マンの香りで、たまらない。見た目は普通の五目ラーメン。スッポンはどこに隠れているのかと思ったら・・・。

なんと、真ん中に浮かぶ具だくさんの野菜(モヤシ・ハクサイ・シメジ・ニンニクの芽・ネギ)を少し食べたら、3センチほどの黒いスッポンの塊が・・・。ウナギやナマズの黒い皮より結構厚い。箸で摘むと、プルン。プルン。え~。こんなん食べるのー。

 「大丈夫。大丈夫。見た目は、黒いがキクラゲの大きいのと思えば食べられるよ」

そう思えないから、なかなか口にはいかない。ここは、勇気を出して思い切って食べると、キクラゲと牛モツを足した食感。思っていたより違和感なくうまい。身は、鳥肉の食感に近い。

 スープはみそ風味。にんにくと少しショウガが効いたあっさり味。食べた後、「ジワジワ、キタキタ、キター」少し身体が熱くなってきた。これがエキス効いたスッポンパワーなのか。

 上品な器に入ったスッポン雑炊は、卵雑炊。しかし、真ん中に堂々と黒いスッポンの塊が・・・。

※詳しくは、 岐阜新聞Webの鉄記者ブログもご覧ください。(http://www.gifu-np.co.jp/)

 23年前から店を開いている波多野さん夫婦。まだ誰もはじめていない商売をというのが始まり。御主人は、元板前職人歴40年。その経験生かし身体にいいものものをと始めたのが、スッポンを使ったラーメン。当初9年間、貸店舗でしょう油ベースのスッポンラーメン・スッポン雑炊を出したが味がなじまず。試行錯誤で完成した味はその後、新店舗で一味違うみそベースの味でスッポンラーメンを出した。スッポンは養殖の厳選国産ものを使用し、前日に3時間から4時間かけて仕込むスープエキス。みそは、赤みそと白みそをブレンドし、ニンニク、ショウガ、タマネギなどの地元の野菜とスパイスで仕込むラーメンスープのダブルスープ。和食風にあっさりした味に仕上げるこだわりのようだ。

岐阜県中央に位置する 関市 は、伝統の刀物、産業の町。水がおいしく豊かな自然もある。地元の野菜とスッポンを「医食同源をモットーに、身体にいいものを皆さんに食べてもらいたい」と女将さん。スッポンは滋養強壮や浄血作用、美肌にいいと聞くが、この店は価格もリーズナブル。限定なので、お早めの時間に。暑い夏を乗り切るには、もうこれしかない。

(注)★は堅の臣が田

 

 

アマデウス@岐阜 (岐阜新聞)
住所  :岐阜県関市西本郷通3丁目3-33
電話番号:0575-24-2592 FAXも同じ
営業時間:11:30~14:00  17:05~21:00(日祝日は、20:30)     

最新記事