メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

けっこういけるカモ!バルバリーハヤシライス

2008.11.14 18:29 共同通信
バルバリーハヤシライス
バルバリーハヤシライス

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)のお土産レトルトカレー「早矢仕ライスのハヤシ」を知人からいただいた。ハヤシライスと言えば、牛肉か豚肉だが、これは美山名物の高級カモ肉を使用している。レトルトを製造直売している 山県市 岩佐(旧 美山町 )の豊吉屋精肉店を訪ね、 近場で食べられる店「COFFEE & REST EIGHT (エイト)」を紹介してもらった。そこで「ハヤシライス(800円)」を味わった。

喫茶エイトの店主・吉田義秋さんと桂子ご夫妻がもてなすハヤシライスは、豊吉屋精肉店で調理した美山のカモ肉をご飯の上にかけ、地元の野菜サラダを一つの皿に盛ったもの。

味の決め手は、カモ肉とそのエキスが作り出すデミグラの深い甘さ。さらに、ベニショウガを混ぜることでより深い甘辛の二種類の味がうまさを際立たせる。待つこと、10分。白い皿に ド ーンと、具だくさん(カモ肉・タマネギ・マッシュルーム)のハヤシライス。その隣にはたっぷりの野菜サラダとベニショウガ。見た目は、濃厚な茶褐色でハッシュドビーフのようだ。デミグラとタマネギのいい香りが漂う。カモ肉がハヤシライスに合うのかなぁー?

スプーンで一さじ食べると、くどさがなく甘い。さらに二口、三口・・・「これはなかなか深ーい味わい」。カモエキスが利いているのか、デミグラスソースとトマト、タマネギの風味豊かでなめらかな甘い味わい。後味にトマトの酸味も残る。肉質が硬いイメージがあるカモ肉を一口いただくと、これが柔らかく、牛肉を食べているような不思議な食感。

半分くらい食べた後、更にショウガを加えて食べてみた。すると、「キタ、キタ、キター 甘辛~」  甘さと辛さを合わせたより深い甘辛の味わいも新発見。この味も結構いけるカモ。

豊吉屋精肉店は、創業大正10年の老舗。3代目中村正紀さん(68歳)が美山のバルバリー(カモ肉)でソーセージ作った。その後、ハヤシライスを作りたいとで美山バルバリーさんの紹介で専任講師による講習を受け、カモ肉を使ったハヤシライスを平成11 年2月から、講習や子供のころに食べた味をベースに1ヶ月試行錯誤でつくり上げ3月に完成。半日仕込んでつくる「早矢仕ライスのハヤシ」をレトルトで5月から店頭販売開始。なめらかでくどくなく、食べやすくしたこだわりようだ。 ※「鴨肉入早矢仕ライスのハヤシ(500円)」のお求めは、豊吉屋精肉店( 山県市岩佐765-3 )迄。電話0581-52-1137(定休日は日曜日)ShowImage.aspx.jpg%E3%81%BE%E3%82%8B%EF%BC%92.jpg

ハヤシライスの由来は諸説あるが、地元出身 (旧 美山町 )で丸善の創業者早矢仕有的さんが最初に考案したとされるが、今でも子供から大人までこよなく愛されるハヤシライスは高い人気。美山地域で大切に育てられたバルバリーは、低脂肪で大好評。特産を生かして作られたハヤシライスは、疲労回復や滋養にいいとされる。カモがハヤシライスに融合した故郷の味は、ドボルザークの「新世界から♪」の曲のように迫力あるパワーを感じるように時代を越えて聞こえてきそうだ。   ドライブがてらに訪ねてみてはいかが。

 

 

アマデウス@岐阜 (岐阜新聞)
住所  :岐阜県山県市岩佐2145
電話番号:0581-52-2610
営業日 :8:00~19:00       

最新記事