メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

皿鉢で始まる、土佐の正月!

2009.1.5 10:00 共同通信
本池澤の皿鉢「組み込み」13500円也
本池澤の皿鉢「組み込み」13500円也

ぐうが@高知です。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年もニッポンのGOHANを、よろしくお願い致します、です。

さて、あいさつも済んだし、さあごはん、GOHAN!

おめでたい、お正月。土佐では皿鉢(さわち)ですよ、皿鉢料理

というわけで、私ぐうがは、大晦日に朝から(正確には未明から)

皿鉢料理づくりで大忙し、高知市の「本池澤」弘化台工場に潜入し、

正月に土佐人の胃を満たす皿鉢づくりの様子を激写してきました~。

ところで、土佐と言えば皿鉢料理。特にハレの日の料理は皿鉢と決まって

いたんですが、近年はいわゆる重箱に入ったお節料理に押されつつあって、

一般家庭でもお正月に皿鉢が並ぶことが少なくなってきています。

やっぱり、核家族化が進み、地域コミュニティーもなくなってきてきている

ことが影響しているんでしょうか。

そんな皿鉢を応援したい! そんな気持ちで、取材に行きましたですよ。

朝8時、工場にお邪魔すると、大勢の職人さん、そしてアルバイトさんたちが

既に皿鉢づくりの真っ最中でした。職人さんに聞くと「きのうの夜中から働いてる」とのこと。

事前に睡眠を取り、万全の態勢でこの「戦場」に臨んだそうです。20090105_%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AF%E6%9C%9D8%E6%99%82%E3%80%81%E5%89%8D%E6%97%A5%E6%B7%B1%E5%A4%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E5%83%8D%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99.jpg

「きょう一日で、皿鉢、500枚から600枚つくります」と杉本長寿工場長。

皿鉢ができてビニールをかぶせるごとに、その皿鉢の種類を記した紙を貼って、順次出荷していきます。

とにかく時間との闘い。台の上に十数枚、ずらり空の皿鉢を並べて4、5人で料理を組み込んでいきます。

台上を仮に「組み込み班」とすると、奥に寿司をつくる「寿司班」がいて、別の奥にはエビやカニなどの

「調理班」の職人さんがいて、できた料理を素早く台上で組み込んでいく。連携プレーが要です。

撮影する私も、動線の邪魔にならないよう、細心の注意が必要なんです。

「まず、真ん中のラインを決めよう」

皿鉢は向かって奥から、組み込んでいきますが、途中でバランスを失ってはいけないので、

まずセンターラインをビシッと決めるんでしょうね。まずは魚卵、昆布巻、巻き寿司が奥に鎮座。

ハランを挟んでセンターに車エビ煮、その左にサザエ焼、右に鯖姿寿司と海の幸が続きます。

でもって、エビの前に、にぎり寿司が来て、左右にズワイ蟹と鴨ロールと、豪華になってきます。

一番手前は大丸、黒豆、栗きんとんと定番系が並んで終了。正月飾りを間に入れて出来上がりで~す。

う~、タマリマセン。撮影しながら、「このおっきいサザエ、いや鯖寿司から、もとい渋く黒豆でも」と、

つい手が出そうになるのを必死にこらえておりました。

皿鉢の魅力は、豪華・豪快なものから質素なものまで、おいしそうな料理が

一目で見える「全面展開」にありますよね。重箱もいろいろ盛り込んでますが、

オープンエアじゃない。その点、皿鉢は「見える化」してます。隠しごとは一切ありません。

ハレの日。親戚、知人や隣近所の人が三々五々やってきて、皿鉢を囲んでワイワイやります。

「どうぜ、最近、彼女でもできたかよ?」と、おんちゃんに酒をつがれて迫られた若い衆は、

隠しごとができず、「いや~、実は・・」と話が盛り上がるワケです。いいことも悪いことも、

ごっちゃにして、人生の先輩からいろいろ学ぶことができる。それが土佐の「おきゃく」の

醍醐味。その中心に座っているのが皿鉢なわけです。

いろんなものが味わえるのも魅力ですが、皿鉢がある「場」の雰囲気そのものが、

土佐人はこの上なく好きでたまらないのだと思いますね、自分も含めて。

※この皿鉢は正月の注文料理ですが、ふだんは高知市本町の本池澤のお店で

味わえます。本池澤のHPはhttp://www.ikezawa.co.jp/

 

 

ぐうが@高知>
住所  :「本池澤」店舗=高知市本町2-1-19
電話番号:.088-873-3231
営業時間:平日午前11時~午後3時、午後5時~午後10時 土日祝午前11時~午後10時

最新記事