メニュー 閉じる
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

東電元社長が愛したカレーライス

2009.4.13 10:00
スマトラカレー(普通盛り)
スマトラカレー(普通盛り)

 東京電力の元社長・荒木浩氏が足繁く通うカレー店が新橋にある。

 名前は「スマトラ」。

 47NEWS参加社の日本経済新聞紙上で、荒木氏自身がこの店のカレーを紹介している。

 荒木氏といえば東電会長や電気事業連合会会長も務めた電力業界の実力者だ。氏が愛したカレーとは、いったいどのようなものなのだろうか。

 荒木氏は記事の中で「スマトラ」についてこう語る。

 「今でも一人で食べに行く。せっかちの私にとって、とにかく早いのがいい。注文してから10秒くらいで出てくる。」

 「並盛り530円と50円のキャベツサラダの組み合わせが最近のお気に入り。」(日本経済新聞2009年3月18日付夕刊)

20090412_kare_sumatora_gaikan.JPG 実際に行ってみると、カウンター15席ほどの店だった。カレーは普通盛り(530円)と大盛り(650円)の2種類だけ。あとはラッキョや玉子、キャベツサラダなどが頼める。

 カレーには豚肉の細切れが入っている。ほかの野菜は煮崩れており、渾然一体となっている。

 味は、これぞスタンダードな日本のカレー、という感じ。母が作ってくれたカレーを思い出した。

 辛さはほどほどで、これなら忙しいときにもかきこめそう。

 店の人に「うまさの秘訣」について尋ねてみた。

 「やはり、伝統でしょうか」

 35年もの間、カレー屋として経営を続けているという。長い間、膨大な数のサラリーマンたちに満足してもらえるようなカレーを提供してきた。その実績が、店を支えているのではないか。

 荒木氏は記事の中で、こうも語っている。

 「カレーと並んで好きな食べ物は「柿の種」。酒のつまみにはこれ以外、何も要らない。昼はカレー、夜は柿の種と日本酒。我ながらよく飽きないものだと思いながらも、この組み合わせがサラリーマン生活を支える元気の源だった。」

 東電元社長は、質素な食生活を貫いていたのだった。

 「スマトラ」の店内は、昼は「戦場」になる。新橋のサラリーマンたちが押し寄せるからだ。今日もスマトラはサラリーマンの空腹を満たしていることだろう。

 【写真】カレーの店スマトラ

【湯浅 泉 (47NEWS編集部記者) のエントリー】

とても濃厚な東京・古奈屋のカレーうどん 2009.11.09

ケンタロウの名レシピをちょっとだけアレンジした「しょうが焼きプレート」 2009.11.02

エルヴィス・プレスリーの大好物? 超甘い「クリスピー・クリーム・ドーナツ」 2009.10.26

椎名誠氏が考案した超簡単「しょうゆマヨスパゲティ」 2009.09.28

伊集院静氏お好みの組み合わせ 「アイスクリーム&ホットコーヒー」 2009.09.19

スパリゾートハワイアンズ名物「ロコモコ」のお味は… 2009.09.14

鳥取の珍しい「二十世紀梨ドリンク」 2009.08.03

新橋の新鮮な「新さんま」 2009.07.20

クレイジーケンバンドのライブの後に食べた福岡の焼きラーメン 2009.07.13

どえりゃーうみゃー、サラリ系・矢場とんの「みそかつ」 2009.06.15

たいそう活気がある池袋の「たいぞうらーめん」 2009.06.08

カルティエ展の後に食べた上野精養軒のビーフシチュー 2009.05.25

「微妙なぬるさ」という価値 宮崎の冷や汁 2009.05.11

東電元社長が愛したカレーライス 2009.04.13

 

 

湯浅泉(47NEWS編集部)>
住所  : 東京都港区新橋1-16-10 浅川ビル1階
電話番号: 03(3501)3826 ※お昼時の電話はご遠慮ください。
営業時間: AM11:00~PM8:00 (土曜日はPM6:00閉店)

最新記事