メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

熊野牛すじごろごろカレー丼とざるそばセット

2009.4.27 10:00 共同通信
スパイシーなカレー丼にざるそばがマッチ
スパイシーなカレー丼にざるそばがマッチ

さてさて、今回の「ニッポンのGOHAN」はマンボウ@紀州が、熊野牛のカレーとざるそばのセットをお届けします。


お店は、和歌山県田辺市の「めはり本舗 三軒茶屋」。ここは熊野の郷土料理「めはりずし」と田舎そばの専門店で、本来はめはりずしをリポートすべきお店です。めはりずしは、すし飯を高菜の漬物で包んだおにぎりのようなすし。昔は大きくて、「目を見張るほど口を開けないと食べられない」ということから、「めはり」という名前になったという説があります。今は食べやすい大きさで提供されています。同店のめはりずしはもちろん絶品ですが、あえて4月から9月末までの季節限定で提供されている「熊野牛すじごろごろカレー丼とざるそばセット」(1100円)を食べました。


そば屋さんのカレーというと、和風のだしやしょうゆを使っていてあまり辛くなく、まったりとしているというイメージがありますよね。専門店のカレーとは別に、とてもそそられます。まず、スプーンを手にして、丼からカレーライスをすくいます。おっ、かなりスパイシーじゃありませんか。香辛料がばっちり効いていて「そば屋さんのカレーは甘め」という先入観はあっさりくつがえされました。食べ進むうちに、口の中が辛さに支配されます。盆の上に氷水が入った大きなグラスが載っていた意味がようやく分かりました。ここで水は我慢、我慢。スプーンをはしに持ち替えて、太めの田舎そばを口に運びます。私は上品な更科系のそばよりも、個性が強い田舎そばが好きです。そばつゆの適度な甘みが、口の中にこもったカレーの辛さを和らげてくれます。「カレーぱくぱく」「そばズルズル」-。この組み合わせは意外にも、食べる楽しみを2倍にしてくれます。


そうそう、肝心の熊野牛を忘れていました。熊野牛は、和歌山県田辺市や西牟婁郡で生産される和牛。すじごろごろカレー丼は、余熱を利用してじっくり味を染みこませたすじ肉が入っています。肉はとろけるように柔らかいのに、和牛の滋味がしっかり閉じこめられています。


同店の通常メニューにカレーはありません。今回のカレーとそばのセットは、田辺観光協会のグルメ企画「あがら丼」の一つとして考案しました。「あがら丼」は市内の20店がシラスやカツオなど地元の食材を利用した丼を創作し、期間限定で提供しています。味わえるのはいずれも9月末までです。


 

 

マンボウ@紀州>
住所  :和歌山県田辺市栄町23秋ぜんビル
電話番号:0739-81-7707
オススメ:熊野牛すじごろごろカレー丼ざるそばセット(1100円)
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~8時

最新記事