メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

カルティエ展の後に食べた上野精養軒のビーフシチュー

2009.5.25 10:00 共同通信
「ビーフシチュー ランドーレ風」
「ビーフシチュー ランドーレ風」

 休日に上野へ行き、博物館を見学した。

 ふだんはそういったものはあまり見学しない。

 だが、なぜか見に行ったのである。

 60分待ちの「ルーブル美術館展」や、40分待ちの「大恐竜展」を蹴飛ばし、たどり着いたのは宝石ブランド「カルティエ」の特別展東京国立博物館で5月31日まで開催されている。

 宝石には全く興味はない。

 しかし、これはなかなかおもしろかった。

 会場にはさまざまな美術様式を用いた宝石が並んでいた。西洋だけでなくエジプトや中国、日本など各地のスタイルを消化し、豪華なアクセサリーを作り出したことが分かる。

 カルティエは創業が1847年という。

 このブランドは長い歴史を積み重ね、世界の億万長者から巨万の富を取り込み、芸術作品を製作していたのである。

 3時間ばかり鑑賞し、足が疲れたので昼食にする。

 やはり上野といえば上野精養軒であろう。午後2時ごろに1階の「ランドーレ」に入店。「ビーフシチュー ランドーレ風」(1890円)を注文した。

20090522_seiyoken7_beertate%282%29.JPG ここのビーフシチューはうまい。非常にうまい。

 とろりとしたソースは滋味深く、こくがある。ビーフの角切りがたくさん入っており、脂がのって実に美味である。ニンジンやマッシュルーム、ジャガイモ、ブロッコリーなどの具材は、整然と切られ、並べられている。

 一般的にはここの名物料理はハヤシライスとされているが、「こく」が豊かであるという点で、私はビーフシチューの方を好む。

 ご飯とも合うし、もちろん生ビール(650円)との相性もよい。


20090522_seiyoken2_purin.JPG 食後にいただいた「アールグレイのプリン」(750円)も掘り出し物であった。

 プリンに紅茶の味がまざっているのであるが、意外や意外、合うのである。

 店内は休日の午後だったのでわりとザワザワしていた。ただ、快いざわめきであった。

 従業員らはきびきび動き、感じがよい。教育が行き届いているのだろう。

 この味と、人込みの上野でゆっくり食事ができたということを考えると、満足であった。値段は少々高かったが。

 実はこのレストランは、ジャスダック市場に上場している企業「精養軒」が運営している。

 2009年1月期の売上高は37億円、従業員187人を擁する。各地でレストランなどを経営している。

 立派な企業なのである。

 精養軒の資料によると、創業は1872年(明治5年)で、4年後に上野公園の開園とともに西洋料理店として上野精養軒を開いたという。
 店の名前は、1908年(明治41年)に出た夏目漱石の「三四郎」にも登場する。日本国語大辞典(小学館)によると、

「多分上野の精養軒になるだらう」

という記述がある。

 100年も前の小説に店名が出ているのだ。

 今回は1847年創業のカルティエの芸術品を堪能し、1872年創業の精養軒の味を楽しんだ。上野の森の中を歩き、歴史の重みを感じた一日であった。

20090522_seiyoken3_gaikan.JPG
上野精養軒の外観

20090522_seiyoken4_kanban.JPG
上野精養軒の看板

【湯浅 泉 (47NEWS編集部記者) のエントリー】

とても濃厚な東京・古奈屋のカレーうどん 2009.11.09

ケンタロウの名レシピをちょっとだけアレンジした「しょうが焼きプレート」 2009.11.02

エルヴィス・プレスリーの大好物? 超甘い「クリスピー・クリーム・ドーナツ」 2009.10.26

椎名誠氏が考案した超簡単「しょうゆマヨスパゲティ」 2009.09.28

伊集院静氏お好みの組み合わせ 「アイスクリーム&ホットコーヒー」 2009.09.19

スパリゾートハワイアンズ名物「ロコモコ」のお味は… 2009.09.14

鳥取の珍しい「二十世紀梨ドリンク」 2009.08.03

新橋の新鮮な「新さんま」 2009.07.20

クレイジーケンバンドのライブの後に食べた福岡の焼きラーメン 2009.07.13

どえりゃーうみゃー、サラリ系・矢場とんの「みそかつ」 2009.06.15

たいそう活気がある池袋の「たいぞうらーめん」 2009.06.08

カルティエ展の後に食べた上野精養軒のビーフシチュー 2009.05.25

「微妙なぬるさ」という価値 宮崎の冷や汁 2009.05.11

東電元社長が愛したカレーライス 2009.04.13

 

 

湯浅泉(47NEWS編集部)>
住所  :東京都台東区上野公園4番58号
電話番号:03-3821-2181
オススメ:ビーフシチュー ランドーレ風
営業時間:喫茶 10:00 ~  食事 11:00 ~20:00 (ラストオーダー19:00)

最新記事