メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

新橋の新鮮な「新さんま」

2009.7.20 10:00 共同通信
新さんまのタタキ あぶりたて (ワタ正油付)
新さんまのタタキ あぶりたて (ワタ正油付)

 東京・新橋。

 人はそれを「リーマンシティ」と呼ぶ。

 膨大な数のサラリーマンが日夜、たむろしているからだ。

 JR東日本と東京メトロ、都営地下鉄の統計によると、新橋駅の2008年度の利用客は、1日に50万人を超える。

 同一人物が朝夕2回利用し、乗り換えだけの客もいるだろう。そういったことを考慮すれば、おそらく20万人前後のサラリーマン・サラリーウーマンが新橋に通勤しているのではないだろうか。

 その「リーマンシティ新橋」が世界に誇る和風居酒屋をご存じだろうか。

 名前は「魚金」。

 「うおきん」と読む。

 新橋を中心に、「魚金」は10以上の店を持つ。

 極めて新鮮な魚を出す。たいへんにうまい。

 さらに、東京の繁華街というのに、価格は良心的だ。居酒屋の鏡である。この店には毎晩、新橋のリーマンが大挙して押し寄せている。

 本日ご紹介するのは魚金の「4号店」である。

SANY0021.JPG 生ビール(520円)を飲みながら、「新さんまのタタキ あぶりたて (ワタ正油付)」(580円)を食す。

 絶品である。

 さんまは表面があぶってあり、一口大に切られている。中心部には赤い魚肉が見える。

 ハラワタが混ぜられている「ワタ正油」と一緒に食べると、口の中でさんまの濃厚なハーモニーが展開される。

SANY0040.JPG とても新鮮であり、良質のあぶらが十分にのっている。鮮度がいいから、おいしくいただける。新橋で新鮮な新さんまを食べたのである。

 店の人は私にこう語った。

 「先週の金曜日(注 7月10日)から店で出しています。北海道の釧路でとれたものです。まだ最初の方で、身は小さいんですけどね」

 47NEWS参加社の北海道新聞と共同通信によると、北海道東沖のさんま漁は8日に解禁され、9日朝から道東の魚市場で競りにかけれらたという。魚金は新さんまの解禁後、すばやく東京で提供を始めたというわけだ。

SANY0069.JPG 魚金のお品書きには以下のような説明が書かれている。

 「毎日築地市場より、新鮮な魚介類を仕入れております。「その日に売切る」をモットーに、ボリューム、値段共に他店に負けぬよう大サービスしております。」(原文のまま)

 鮮度にはとても気を遣っているのである。


SANY0051.JPG こうなったら日本酒も頼んでしまおう。

 店の人がおすすめの「尾瀬の雪どけ」。冷酒を1合いってみた(990円)。

 このお酒は非常に珍しいものらしい。お品書きにはこう書いてある。

 「尾瀬の雪どけ 斗瓶取り

  秘蔵大吟醸 袋吊り雫酒

  群馬龍神酒造の十年熟成酒。本数に限りあり、市場に出回ってないため日本全国、飲めるのは魚金だけです!!」

 高いだけあって、実にうまい。こんなうまい日本酒は、今まで飲んだことはなかった。感動したので、お店の別の人に話しかけてみた。

 私「この日本酒はおいしいですね! フルーティーで、飲みやすいですね!」

 店員「……………」(無言)

 なぜか、無愛想なのである…。

 でも、料理と酒がうまかったので、これでいいのだ~。ではまた~。

【関連記事】

◆道東各港でサンマ初水揚げ(北海道新聞)

◆釧路でサンマの初競り “秋の味覚”早くも(共同通信)

SANY0076.JPG

SANY0054.JPG

ポテサラスペシャル

SANY0087.JPG

店先

SANY0092.JPG

新橋西口通り この先に魚金があります

SANY0041.JPG

さんまの頭

【湯浅 泉 (47NEWS編集部記者) のエントリー】

とても濃厚な東京・古奈屋のカレーうどん 2009.11.09

ケンタロウの名レシピをちょっとだけアレンジした「しょうが焼きプレート」 2009.11.02

エルヴィス・プレスリーの大好物? 超甘い「クリスピー・クリーム・ドーナツ」 2009.10.26

椎名誠氏が考案した超簡単「しょうゆマヨスパゲティ」 2009.09.28

伊集院静氏お好みの組み合わせ 「アイスクリーム&ホットコーヒー」 2009.09.19

スパリゾートハワイアンズ名物「ロコモコ」のお味は… 2009.09.14

鳥取の珍しい「二十世紀梨ドリンク」 2009.08.03

新橋の新鮮な「新さんま」 2009.07.20

クレイジーケンバンドのライブの後に食べた福岡の焼きラーメン 2009.07.13

どえりゃーうみゃー、サラリ系・矢場とんの「みそかつ」 2009.06.15

たいそう活気がある池袋の「たいぞうらーめん」 2009.06.08

カルティエ展の後に食べた上野精養軒のビーフシチュー 2009.05.25

「微妙なぬるさ」という価値 宮崎の冷や汁 2009.05.11

東電元社長が愛したカレーライス 2009.04.13

 

 

湯浅 泉 (47NEWS編集部)>
住所  :東京都港区新橋3-18-8
電話番号:03-5472-6400
オススメ:「新さんまのタタキ あぶりたて (ワタ正油付)」
営業時間:月-金 17:00-23:30、土 16:30-23:30、日 16:30-23:00

最新記事