メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

とても濃厚な東京・古奈屋のカレーうどん

2009.11.9 10:00 共同通信
カレーうどんとバナナ天
カレーうどんとバナナ天

 カレーうどん、というものは概して軽く見られる存在ではなかっただろうか。

 うどん屋のメニューの片隅に載っているが、店としては「いちおう載っけといたからね」という感じで、どうも力が入らない場合が多いのではないか。

 しかし、カレーうどん専門店「古奈屋」の料理は、そうしたマイナスイメージを払拭する、芸術的なものなのである。

 1983年の創業。東京を中心にいろいろと店舗があるので、首都圏の人にはいまさら的な感じもあるが、いいお店なので全国にご紹介したいと思う。

 私が入ったのは、職場から近い「カレッタ汐留店」。

 一番シンプルな「カレーうどん ひと口ごはんつき」(1050円)を注文した。ついでに、「バナナ天」(200円)もつけた。

 運ばれてきたのは、ほとんど具がないカレーうどん。

 ひと口、スープをすすってみる。どろりとして、とても濃厚なスープである。

 マイルドで、若干ミルクや生クリーム系の味わいがある。さらに、ダシが利いている。その中で、鮮烈なカレースパイスの香味が立ち上る。スープ全体が、自らの存在感を主張してやまない。

 一方、うどんも良質でモチモチとしており、こちらも主役の座を虎視眈々と狙っている。

 ただこの勝負、軍配はスープの方に上がりそうだ。

 なんといっても、この濃厚かつ複雑な味わいというものは、そんじゃそこらの店では味わえないからだ。

 お店の人はこう言っていた。

 「めんがなくなりましたら、ひと口ごはんをスープの中に入れて、雑炊としてお召し上がりください」

 ごはんをドボッ、と丼の中に入れる。なるほど、濃厚なスープをごはんでいただくのもなかなかによい。

 侮れないのは珍品・バナナ天の実力。

 この天ぷらは、カレーうどんと結構合う。辛いカレー味を緩和させる役割がある。

 ここのカレーうどんは、味がいいだけでなく、量も結構ある。だから、おなかを減らして訪れることをおすすめしたい。




*********************************************

 「ニッポンのGOHAN」は毎週月曜日更新です。全国のうまいものが続々登場しますので、ぜひご愛読ください。

http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/

【湯浅 泉 (47NEWS編集部記者) のエントリー】

ケンタロウの名レシピをちょっとだけアレンジした「しょうが焼きプレート」 2009.11.02

エルヴィス・プレスリーの大好物? 超甘い「クリスピー・クリーム・ドーナツ」 2009.10.26

椎名誠氏が考案した超簡単「しょうゆマヨスパゲティ」 2009.09.28

伊集院静氏お好みの組み合わせ 「アイスクリーム&ホットコーヒー」 2009.09.19

スパリゾートハワイアンズ名物「ロコモコ」のお味は… 2009.09.14

鳥取の珍しい「二十世紀梨ドリンク」 2009.08.03

新橋の新鮮な「新さんま」 2009.07.20

クレイジーケンバンドのライブの後に食べた福岡の焼きラーメン 2009.07.13

どえりゃーうみゃー、サラリ系・矢場とんの「みそかつ」 2009.06.15

たいそう活気がある池袋の「たいぞうらーめん」 2009.06.08

カルティエ展の後に食べた上野精養軒のビーフシチュー 2009.05.25

「微妙なぬるさ」という価値 宮崎の冷や汁 2009.05.11

東電元社長が愛したカレーライス 2009.04.13

 

 

湯浅 泉 (47NEWS編集部記者)>
住所  :東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F
電話番号:03-5537-1881
オススメ:カレーうどん ひと口ごはんつき 1050円   バナナ天 200円
営業時間:平日11:00-22:00 (日祝 -20:00)

最新記事