メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

鉄人の街は「そばめし」の街

2009.11.23 10:00 共同通信
「お好み焼玉子焼き ひろちゃん」の「そばめし」
「お好み焼玉子焼き ひろちゃん」の「そばめし」

 全長18メートルの“実物大”鉄人28号が完成した神戸市長田区。鉄人見物でお腹がすいたら、地元の「そばめし」が一番だ。長田のお好み焼き屋から生まれたご飯入り焼きそばで、周辺にはそばめしを出すお好み焼き屋が70店以上ひしめき合っている。

 「お好み焼玉子焼き ひろちゃん」もそのひとつ。長田生まれの女将、三浦文江さん(63)が切り盛りして約30年。実家もお好み焼き屋で、コテを持って40年以上という。

 この店では「そばめし」を単品で頼まない。「イカそば」など、そばの種類を告げて、「めし玉子入り」(200円)と組み合わせて調理してもらう。さらにお好みで、ブタ、タコ、エビなどをトッピングすることもできる。

 今日の三浦さんのオススメはタコ。よっしゃ! では「すじそば」+「めし玉子入り」+「タコ」の組み合わせでいこう。

 大きな鉄板にラードをひき、そば、卵入りご飯を別々に炒める。火が通ってくるとキャベツ、ネギ、すじ肉とこんにゃくが加えられ、さらに鉄板の一角では、トッピングのタコの調理が始まった。最後に3つの塊を1つに集めて塩、コショウ、ソースなどで味付け。仕上げ終盤のリズミカルなコテさばきは壮観!「ジュッ、ジュゥー」と、食欲をそそる音が店内に響く。たまらんな~。

 客席の鉄板テーブルに湯気の立ったアツアツのそばめしが運ばれた。「いただきま~す」。焼きそば、チャーハン、鉄板焼き(タコ)の3メニューが一体といった感触。ちょっぴり加えられたしょう油がほんのり香ばしい。

 そばめしは、食べ終わるまでの食感の変化も魅力のひとつだ。20分ほど鉄板に乗ったままなので、そばの水分が徐々に抜け、後半は、身が締まったこりこりのそばとご飯のハーモニーが味わえる。

 さて、これからはシーズンはカキ。カキ入りのそばめしは未体験なので、楽しみが一つ出来ました。

20091116_GOHAN_sobameshi_2.JPG

20091116_GOHAN_sobameshi_3.JPG



神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛 のエントリー】

高砂や~、にくてんや~(兵庫県高砂市) 2009年10月19日

「昭和」の香り漂うオムライス(神戸市) 2009年10月05日

お箸でいただく「かつめし」(兵庫県加古川市) 2009年09月07日



【ニッポンのGOHAN 兵庫県関連のエントリー】

のり巻き食べて、やけどした(神戸市) 2007年07月19日 text:いのセント@神戸



【関連サイト】

神戸洋菓子職人-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 神戸のおいしい朝・昼・晩-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 編集スタッフブログ



*********************************************

 「ニッポンのGOHAN」は毎週月曜日更新です。全国のうまいものが続々登場しますので、ぜひご愛読ください。

http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/

 

 

神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛>
住所  :神戸市長田区腕塚町3-5-2
電話番号:078-621-4282
オススメ:そばめし 「すじそば(うどん)」(680円)、「めし玉子入り」(200円)
営業時間:11:30-14:00 17:00-20:00

最新記事