メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

ショウガ醤油で食べる姫路おでん

2010.3.1 10:00 共同通信
ショウガ醤油につけて食べる「姫路おでん」
ショウガ醤油につけて食べる「姫路おでん」

 まだまだ肌寒いこの季節。兵庫・姫路に行ったら、ショウガ醤油につけて食べる「姫路おでん」をぜひ味わってほしい。その名の通り、ショウガ醤油を小皿に入れて、おでんをつけて食べる。地元では一般的な食べ方だったが、近年、姫路出身の歌手・松浦亜弥さんがテレビなどで紹介したこともあって、「姫路おでん」の知名度もじんわり上昇してきた。

 今回は世界遺産・姫路城の足元にある「千姫茶屋」を尋ね、さっそく「姫路おでんの盛り合わせ」(680円)を注文した。

 糸こんにゃく、大根、ちくわ、たまご、平天(ひらてん、魚の錬り物)、バタ天(魚の錬り物をバターで揚げる)の6品と、小皿に入ったショウガ醤油が登場。具材の中心まで、だしの味がよくしみ込んで、それだけでも十分おいしい。が、細長いちくわなど、一口食べてから残りをショウガ醤油につけて食すと、あら不思議! とっても新鮮な風味が口の中に広がっていく…。ショウガ醤油のサポートで、おでんがより滋味に富んだ逸品に変化していくのが現在進行形で楽しめるのだ。

 千姫茶屋では、卵を除く具材は2~3日前から仕込みにかかる。大根などは米のとぎ汁でゆで、白さを引出し、青臭さを抑える。ただし、ショウガ醤油は風味が落ちるので、作り置きはしない。当日分だけ用意するという。プラス250円で、タケノコなどが入ったかやくごはん付の“おでん定食”になる。

 店によっては具材もさまざまで、もち、牛すじ肉、やき豆腐、はんぺんなどなど、幅広い。お城周辺には姫路おでんを出す店が多く、お城見物のついでに、食べ比べては?

 なお地元では、姫路おでん用の「しょうが醤油」も発売されている。コンビニおでんも、これで一応“姫路おでん”に早変わり。レアな御土産としておすすめです。

20100228_kobe_oden_2.jpg

姫路おでん用の「しょうが醤油」

神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛 のエントリー】

鉄人の街は「そばめし」の街(神戸市長田区) 2009年11月23日

高砂や~、にくてんや~(兵庫県高砂市) 2009年10月19日

「昭和」の香り漂うオムライス(神戸市) 2009年10月05日

お箸でいただく「かつめし」(兵庫県加古川市) 2009年09月07日

【ニッポンのGOHAN 兵庫県関連のエントリー】

のり巻き食べて、やけどした(神戸市) 2007年07月19日 text:いのセント@神戸

【関連サイト】

神戸洋菓子職人-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 神戸のおいしい朝・昼・晩-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 編集スタッフブログ

*********************************************

 「ニッポンのGOHAN」は毎週月曜日更新です。全国のうまいものが続々登場しますので、ぜひご愛読ください。

http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/

 

 

神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛>
住所  :姫路市本町68-290 イーグレひめじ1F
電話番号:079-288-4567
オススメ:姫路おでん盛り合わせ (680円)
営業時間:AM11:00-PM6:00ラストオーダー

最新記事