メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

えっ!? ハモでバーガー 手軽な値段でおいしさ満点

2010.4.12 10:00 共同通信
志布志湾で水揚げされたハモをPRするため、“ご当地バーガー界”に名乗りをあげた「ハモ・バーガー」。撮影後おいしくいただきました
志布志湾で水揚げされたハモをPRするため、“ご当地バーガー界”に名乗りをあげた「ハモ・バーガー」。撮影後おいしくいただきました

 ご当地名物をバーガーにするのは一つのブームになってしまったが、その“ご当地バーガー界”に、またまた南の海からチャレンジャーが名乗りをあげた。鹿児島県志布志市の「ハモ・バーガー」(240円)がそれだ。

 高級料亭で往々にして吸い物の中に鎮座なさっている、あの魚ヘンに「豊」と書くハモ(鱧)、純日本風の高級食材を、まさか舶来のバンズ(パン)にはさむとは! なぜハモを? なぜ鹿児島の志布志で? と相次ぐ疑問に包まれながら、一路太平洋岸を目指すと、JR志布志駅前にあるショッピングモール「サンポート・しぶし アピア」に到着した。

 京都や北陸のイメージが強いハモだが、実は意外やたくさん捕れるのは志布志湾沖で、当地の水揚げ年間およそ30トンを超え、ここから全国に出荷されている。志布志漁協では毎年5月、「天然ハモ祭り」なども開き、同市内のホテルや料理店でもハモ料理を楽しむイベントキャンペーンもある。

 さて、肝心のハモ・バーガーだが、見た目は某M社のフ●レオフ●ッシュと大差ない。強いていえば、彩りに添えられたレモンスライスとパセリが小粋(こいき)な程度か。揚げた白身魚だから、「さもありなん」と思う方も多かろう。一口かぶりつく。濃厚なタルタルソースとサクッとあがったハモの身のマッチングがいい。レタスも自分を主張し過ぎず、バンズと絶妙なハーモニーをみせる。これで240円とは「安すぎるのでは」と思うほどだ。

 ハモ・バーガーを作り、販売するベーカリー「パンの実」のご主人兼パン職人、秋山英男さんに開発の苦労を聞いた。「ハモは骨切りで知られるように、とても小骨が多くて調理は難しい食材です。独特の臭みも出やすいんですが、漁協との協力もあって下処理をしたものを、からっと揚げてます。何より、独自に味付けた、タルタルですかね」。うーん、肝心のうまさの秘けつは“企業秘密”のようだ。

 なんと2年ほど前から、ハモ・バーガーを作り始めていたそうだが、いかんせん「志布志市志布志町志布志」と、いくつ「し」が付いているのかが全国的にもトリビアになったローカルな土地、かつ広報ベタの純朴な人柄がそろう港町。せっかく作ったハモ・バーガーをこのまますたれさせるのはもったいない。そこで、早口言葉にして流行らせてみたら、どうだろうか。「志布志市志布志町志布志にハモ・バーガー食(しょく)しにいこう」って。

ハモの水揚げ風景=志布志漁港【鹿児島県関連のエントリー】

豪快! カツオのお頭「ビンタ料理」 2008年03月10日 text by のんごろ@かごしま

こだわりの豚、遊実豚 2008年01月29日 text by のんごろ@かごしま

奄美“メェ~”産 ヤギ汁を食す 2007年09月16日 text by のんごろ@かごしま

【関連サイト】

たのし味めぐり - 南日本新聞

 南日本新聞社の記者たちが、取材の合間に見つけた、とっておきの味、くつろげる空間を紹介します。

焼酎探訪_蔵めぐり - 南日本新聞

 水と芋、黒糖という大地の恵み、気候風土と人がはぐくんだ「本格焼酎」は南九州の郷土の酒。鹿児島県内の蔵元をご紹介しています。

ホームページ 南日本新聞

【写真】ハモの水揚げ風景=志布志漁港

 

 

くわずー (南日本新聞)
住所  :鹿児島県志布志市志布志町志布志3-24-1 サンポートしぶしアピア内
電話番号:099(472)3768
オススメ:ハモ・バーガー
営業時間:10:00-20:00

最新記事