メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

明石の「明石焼」は「玉子焼」。

2010.4.19 10:00 共同通信
明石焼
明石焼

 兵庫県明石市の「玉子焼」をご存じですか?

地元では「明石焼」として市ぐるみで観光客などにPRしています。

おそらく全国的には、大阪の「たこ焼」の仲間的なイメージでしょうが、

「見かけは似てるけど、けっこう違うもの」なのです。

 「明石焼」は、市のパンフレットによると、江戸末期に誕生してから約150年。大正時代ごろから関西での知名度もあがっていったそうです。けれども「玉子焼」では全国的に通じにくいので、明石名物としてPRするため「明石焼」(玉子焼)と表記しているそうです。

 地元では、大阪のたこ焼のルーツとの説もあるそうで、「粉モンのたこ焼とちがって、明石の卵料理や」と「玉子焼」の呼び名にこだわる人も多いとか。

 「たこ焼」との違いは、小麦粉以外に沈粉(じんこ)と呼ばれる小麦でんぷんの粉が使われている、具はタコのみ、ソースや青のりはかけない、だし汁につけて食べる、サイズは「たこ焼」より大きい、などです。

 JRと山陽電車の明石駅を下車して駅南ロータリーを南下、5分前後歩くと、“明石の台所”として知られる「魚の棚商店街」があります。観光スポットでもあり、「明石焼」の店も多数集中。

その一角にある「よし川」は、店先の“玉子焼”と書かれた赤いのれんがなかなかの存在感です。

 のれんをくぐり、「明石焼」(10個)をさっそく注文。

しばし待つと、「明石焼」は、「上げ板」と呼ばれるに乗せられて登場します。

横から見ると下駄のような板で、片側に傾いている「明石焼」専用の食器です。

 専用の銅鍋で、焼かれた「明石焼」は、「上げ板」でふたをされ、一気にひっくり返して、盛り付けらます。

 柔らかい「明石焼」を崩さない合理的な工夫だとか。職人が鍋をクルッと回転させる動作はリズミカルで見事。これらの調理工程をテーブルやカウンターから眺めるのもなかなか一興です。

 だし汁にくぐらせ、さっそく食べてみると、アツアツでふわふわとやわらかい。噛んでみると、とろ〜りと中身がタコとともに、口の中に広がります。この感触はかなり独特。特に中身は、シュークリームの中身のようです。

 肝心のタコは、商店街の鮮魚店で仕入れた新鮮なもの。「冷凍はタコが硬い」と使用しないそうです。そのため火の通ったタコの食感は一層やわらか。

 「明石焼」はだし汁につけるので、かなりのあっさり味。水気があるので、のどの通りもよく、ついついパクパクと食が進みます。だし汁は、関西のうどんの汁にかなり近いイメージでしょうか。だし汁に浸した「明石焼」に割れ目を入れ、汁を浸みこませてから食べるのも美味。

 客のリクエストに応えて、テーブルにソースも用意されていますが、さすがにマヨネーズはありませんでした。やっぱり「たこ焼」とは違いますね。

 明石駅の観光案内所では、「明石焼(玉子焼)」のパンフレットが置いてあり、市内の50店舗以上が紹介されています。ぜひ明石の味を堪能してください。

20100416_akashiyaki_2_tenoue.jpg神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛 のエントリー】

ショウガ醤油で食べる姫路おでん 2010年03月01日

鉄人の街は「そばめし」の街(神戸市長田区) 2009年11月23日

高砂や~、にくてんや~(兵庫県高砂市) 2009年10月19日

「昭和」の香り漂うオムライス(神戸市) 2009年10月05日

お箸でいただく「かつめし」(兵庫県加古川市) 2009年09月07日

【ニッポンのGOHAN 兵庫県関連のエントリー】

のり巻き食べて、やけどした(神戸市) 2007年07月19日 text:いのセント@神戸

20100416_akashiyaki_3_10ko.jpg【関連サイト】

神戸洋菓子職人-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 神戸のおいしい朝・昼・晩-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 編集スタッフブログ

*********************************************

 「ニッポンのGOHAN」は毎週月曜日更新です。全国のうまいものが続々登場しますので、ぜひご愛読ください。

http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/

 

 

神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛>
住所  :兵庫県明石市本町1-2-16
電話番号:078-911-8311
オススメ:「明石焼」(玉子焼)
営業時間:10:00-19:00(土日祝は20:00まで)

最新記事