メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

口中に広がる独特の甘み 庄内地方の「孟宗汁」

2010.5.31 10:00 共同通信
孟宗汁
孟宗汁

 庄内の旬の味覚・孟宗(もうそう)をふんだんに使った孟宗汁は本格的な春の訪れを感じさせる郷土料理。熱々の孟宗をほお張ると、口の中いっぱいに独特の甘みが広がる。

 「おいしい孟宗汁づくりは、いかに新鮮な孟宗を使うかにかかっている」と話すのは庄内を代表する孟宗産地として知られる鶴岡市湯田川の主婦小松スミさん(69)。湯田川では朝採りの孟宗を使うことが多く、堀りたての場合はあく抜きの必要がないほどだという。

 作り方は至ってシンプルだ。孟宗は皮をむいて節を落とし、根の方は薄い輪切り、先端の方は乱切りにする。水を張った鍋に孟宗とシイタケ、みそ、酒かすを入れて強火で加熱。煮立ったら厚揚げを入れ、さらにひと煮立ちさせる。すぐに食べてもシャキシャキとした食感を楽しめるが、一度冷まし、食べる時に合わせてとろ火で再加熱すると、孟宗に味が染み、一層こくが出てお薦めだ。……

この続きはこちらです。

(山形新聞のサイトにジャンプします)

 

 

オススメ:孟宗(もうそう)汁

最新記事