メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

カキ飯 決め手はエキス、海の味

2010.6.28 10:00 共同通信
カキ飯
カキ飯

 イワガキの産地らしい料理だ。遊佐町吹浦産のイワガキとご飯を一度に味わえる「カキ飯」。イワガキの味と香りがご飯に染み込み、絶妙に調和する。漁師の妻で近くの主婦高橋恵子さん(56)に作り方を聞いた。いわく「ポイントはカキエキスです」

 イワガキの殻をむいた際に出るエキスをこし、酒としょうゆ少々、水と合わせる。この中にイワガキを入れて一煮立ちさせる。イワガキに味が染み込んだら、だしから取り出しておく。

 ご飯はだしと合わせて炊き、炊き上がったらご飯を混ぜる前にイワガキを載せる。「イワガキとコメを一緒に炊くとイワガキが縮み、食感がなくなるから注意を」と高橋さん。実際に食べる時になったらかき混ぜ、紅しょうがを添えてもおいしい。

 生や鍋、みそ汁以外においしく食べられる方法がないかと、10年ほど前から作り始めたという。カキエキスは鮮魚店などで殻をむいてもらう際に手に入れるとよい。…


この続きはこちらです。

(山形新聞のサイトにジャンプします)

 

 

オススメ:カキ飯

最新記事