メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

夏の姫路の新名物、「冷たくておいしい夏のえきそば」 【GOHAN特製原稿】

2010.8.30 16:30 共同通信
「冷たくておいしい夏のえきそば」
「冷たくておいしい夏のえきそば」

姫路を代表する名物の一つ、JR姫路駅の「えきそば」。

日本そばを使用をする一般的な「駅そば」とずいぶん異なる。

中華めんを使ったそばは、全国的にも珍しいという。日本そばを使用をする一般的な駅そばとずいぶんイメージが違っている。JR姫路駅名物のえきそばは1949年に誕生。その黄色い中華めんに、濃いめの和風だしのユニークな組み合わせが受け、60年以上たった今でも人気は衰えていない。姫路出身者で、ふるさとの味として懐かしむ人も多い。

しかし、さすがの名物も、夏場になると売り上げが落ちるそうで、電車を待つわずかな時間に熱いそばをかき込むには、「ちょっと」という向きもあるようだ。

そこで、販売元の「まねき食品」(姫路市)が、新たなメニューを投入した。

毎年5、6月から9月ごろまで販売される「冷たくておいしい夏のえきそば」だ。

黄色いめんはそのままに、タネを抜いたやや大ぶりな紀州の南高梅、粗削りのかつおぶし、あっさり味の天かす、ざっくりとカットされたネギなどがトッピングされている。 だしは、通常のえきそばよりもコクがあり、冷やっこい。めんを食べ終えてから飲み干すと、混ざり合ったさまざまな具のエキスで独特の風味がする。めんとの相性は抜群で、つるつるっとしたのど越しや食感がたまらない。

夏季限定商品なので、この時期に姫路を訪れる人にはおすすめだ。山陽線上下線ホームの2店で味わえる。一杯380円。





神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛 のエントリー】

明石の「明石焼」は「玉子焼」。 2010年04月19日

ショウガ醤油で食べる姫路おでん 2010年03月01日

鉄人の街は「そばめし」の街(神戸市長田区) 2009年11月23日

高砂や~、にくてんや~(兵庫県高砂市) 2009年10月19日

「昭和」の香り漂うオムライス(神戸市) 2009年10月05日

お箸でいただく「かつめし」(兵庫県加古川市) 2009年09月07日

【ニッポンのGOHAN 兵庫県関連のエントリー】

のり巻き食べて、やけどした(神戸市) 2007年07月19日 text:いのセント@神戸

【関連サイト】

神戸洋菓子職人-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 神戸のおいしい朝・昼・晩-【神戸新聞】

ワンダフルコウベ2009 Website 編集スタッフブログ

 

 

神戸新聞メディア局デジタル情報部 後藤 剛>
住所  :JR姫路駅構内、山陽線上下線ホーム
電話番号:079(224)0255
オススメ:「冷たくておいしい夏のえきそば」
営業時間:6:00-23:00

最新記事