ハチの巣と丸腸のマルチでピリ辛 ホルモンチゲ 【GOHAN特製原稿】

2011年01月31日
共同通信共同通信
ホルモンチゲ(冬のおすすめメニュー)
ホルモンチゲ(冬のおすすめメニュー)

 それは偶然でしたね。散歩が趣味ですので、去年(2010年)の夏ごろでしたか、自宅から1時間ぐらい歩いたところで、比較的、目立たない通りにぽつんと建っているのを見つけたんです。東急田園都市線の「たまプラーザ」駅につながる道でした。店の並びの少ないところに、本当に「たまたま」発見したんです。

 そのときは、一見して「もう、おいしそう」と思いました。店構えからして「高級店」という感じがしたのですが、店の外に置いてあるメニューを見ると、値段はそれほどでもなく、自分でも食べれそうな感じでした。それで、つい入って食べてみたら、とてもおいしくて、今では2週間に1回は来ています。

 冬のおすすめは、何と言っても「ホルモンチゲ」ですね。ホームページのメニュー紹介では「寒い時期にぴったりのハチの巣と丸腸ホルモンが入ったピリ辛チゲ」と書かれています。冬限定メニューで、お値段は1100円です。


ビビンバとセットになったランチのカルビうどん
ビビンバとセットになったランチのカルビうどん

 「ハチの巣」と「丸腸」の2種類のホルモンが入ったマルチホルモン料理ですね。2つのホルモンが調和していて、おいしいですよ。食感は「ハチの巣」で、柔らかくて口の中でじわっと広がる感じがします。ベースのスープも、ちょっとピリ辛な感じがして、冬の寒さも吹き飛びます。お店の人に聞いたら、辛さは好みに応じて調整してくれるそうなので、辛いのが苦手な人にもお勧めです。

 料理のおすすめとしては、チゲとかスープ類とかですね。スンドゥブチゲ(あさりと豆腐の韓国辛鍋・950円)やカルビクッパ(カルビ肉をじっくり煮込んだ中辛スープ御飯・900円)はいいですよ。私の好きな定食メニューとしては、カルビスープにうどんを入れたカルビうどんと普通のビビンバがセットになったランチですね。お値段は1000円です。

 全体としては、日本人に合うような味にアレンジしてくれているような印象があります。どの料理も基本的には辛いので、辛いのが苦手な人はお店の人に事前に頼んで、辛さを減らしてもらったほうがいいと思いますよ。


「べこ亭」たまプラーザ本店の正面
「べこ亭」たまプラーザ本店の正面

 肉は福島県の黒毛和牛、いわゆる「会津牛」を取り扱っているとのことです。お客さんの多くは焼肉定食などを頼んでいますが、私は、焼肉は半年に1回ぐらいしか食べない人間なので、いつもは「ホルモンチゲ」とかに直行しています。この店では、2回ほど焼肉を食べましたが「高い肉ほどうまいですね」という、まあ当然の印象ですね。肉のことは、よく分からないですね。

 ホームページのお店の案内では「本格焼肉ダイニング」と書かれています。値段はリーズナブルで、馬鹿高くないですよ。怖がらないで入ってください。お店の雰囲気は、全体としてサービスが行き届いていると思います。お茶は普通の麦茶です。ワインの種類は多いみたいで、お酒好きな人も行けますね。トイレはきれいで、まるでワインセラーのようでした。

 

 

堀内幸太郎@神奈川 (47NEWS)