メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

郡山市の“支那そば屋さん”の「ばら肉そば」 【GOHANスペシャル】

2011.9.19 9:20 共同通信
ボリュームたっぷりのバラ肉そば
ボリュームたっぷりのバラ肉そば

 JR郡山駅から西へ約3キロ。「支那そば 正月屋」は福島県郡山市の市役所からも近いところにあります。この夏、休暇を取って郡山市の実家に帰ったとき、両親と一緒に3人仲良く訪れたのがこのお店です。でも、注文したのは、3人とも別々の品でした。

 私が注文したのはバラ肉そば(950円)。しょうゆベースのあっさりしたスープと、長時間煮込んだ豚のバラ肉との相性がとても良いと思いました。麺は自家製。もちもちした食感がたまりませんね。バラ肉が入っているといっても、油っぽいという感じはありません。ボリュームたっぷりなので、私には大満足の逸品でした。


■冷やしサラダ麺
■冷やしサラダ麺

 お店に行ったのが暑い盛りでしたので、母は夏季限定メニューという冷やしサラダ麺(900円)を注文しました。こちらは細麺。その上にたくさんの野菜が載っています。和風の冷やし中華のような感じですが、タレはノンオイルドレッシングよりも上品な味で、さっぱりしている、というのが母の感想です。タレが野菜と麺をうまく合体させているようです。

 父が頼んだのはコク辛つけ麺。これはメニューには載っていません。いわゆる裏メニューというもののようです。実は、父はこのお店の常連。だから知っているんですね。しっかりした太麺と辛いスープの相性がバッチリ、というのが父の感想です。


■コク辛つけ麺
■コク辛つけ麺

 この店のオーナー(店長)は、昔は日本料理の板前さんだったとのこと。麺は最初に触れたように、すべて自家製です。小麦粉は国産70%、輸入30%の割合で使用し、5日間、冷蔵庫内で低温熟成させているので、独特の歯ざわりと腰のある麺になるそうです。お店のお薦めは支那そば(650円)にトッピングの味付け煮卵(100円)だそうです。

 店内はカウンター10席、テーブル36席。結構、広いですね。車椅子の方もOKです。駐車場は15台収容可能だそうです。

 最後に、郡山市のことにも触れさせてください。事故のあった福島第1原発からは約50キロ離れていますが、この夏、私が帰省していた間、子どもたちの声は消え、姿もほとんど見えませんでした。小学生は県外などに避難していると聞き、悲しい気持ちになりました。父は「放射線の問題で、福島は復興の希望もなくなっている」と言っていました。これから福島がどうなって行くのか不安です。

 

 

hotaru@福島(47NEWS)
住所  :福島県郡山市桑野2丁目7-15
電話番号:024-935-6363
オススメ:バラ肉そば
営業時間:11時~15時半、17時~20時半

最新記事