メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

パンケーキ・テークアウト専門店の甘酸っぱい「オレンジシュゼット」

2011.12.5 9:40 共同通信
「ウォーキングテイクアウト・メニュー」の「オレンジシュゼット」
「ウォーキングテイクアウト・メニュー」の「オレンジシュゼット」

 47NEWS編集部に取材の案内が届いた。東京・池袋でパンケーキのテークアウト専門店のオープンに先駆け、試食会が開かれるという内容だ。甘いもの好きの私は興味をそそられ、現地に赴くことにした。

 このお店の名前は「ラ・ポワル」(La poele)。パンケーキのテークアウト専門店というのは、日本では初めてとのこと。参考までに言うと、「ラ・ポワル」というのはフランス語でフライパンの意味だそうだ。

 試食会はマスコミ、メディア向けのイベントで、12月1日のオープンの前日に開かれ、私のほかにも数人の取材記者が顔を見せ、思い思いにパンケーキを試食することになった。イベントの途中には、パンケーキの甘い香りに誘われたのだろうか、お店に立ち寄る通行人の若い女性の姿も見られた。


■繁華街に面した東京・池袋の「ラ・ポワル」の店舗
■繁華街に面した東京・池袋の「ラ・ポワル」の店舗

 「お好きなものを注文してください」

 私は店頭の上部にある写真付きのメニューを見上げた。「えー、どれにしようか」。私は真剣に悩んだ。甘酸っぱいものが欲しくなったので、悩んだ末に「ウォーキングテイクアウト・メニュー」の「オレンジシュゼット」をお願いした。

 待つこと、2、3分。私の目の前に出来たてのパンケーキが置かれた。パンは温かく軟らかい食感。パンの上にはオレンジソースがかかっていて、一口食べると甘酸っぱいオレンジの風味が口いっぱいに広がり、私は思わず舌鼓を打った。ボリュームもあり、程よい甘さで、爽やかな味わいが楽しめる。

 メニューには「ベイクドチーズパンケーキ1/4カット」というのもあって、その中の「ベリーベリー」を注文する取材記者がいたので、おいしそうな見た目に引かれた私は、取りあえず写真に収めた。


■「ベイクドチーズパンケーキ1/4カット」の「ベリーベリー」
■「ベイクドチーズパンケーキ1/4カット」の「ベリーベリー」

 狙いの客層は20代の女性だという。確かに、ポップな見た目とこの味に、とりこになる女性は多そうだ。

 この店を運営する会社の代表取締役会長、広田雄二さんは味へのこだわりについて「舌です」と語る。自分の味覚を信じ、おいしいと思ったものを出しているということだろう。パン生地にはチーズが練りこまれているとのことだ。同社の代表取締役社長、田中慎一さんは「それぞれのパンにあったチーズを使用しています」と説明する。

 広田さんはシュークリーム販売店などを展開していたが、5年前に引退。「ラ・ポワル」は広田さんが業界に復帰して初めての店舗となる。業界復帰について、広田さんは「遊んでいても退屈だから」と余裕の笑顔を見せた。

 

 

臼居泰祐@東京(47NEWS)
住所  :東京都豊島区南池袋1-24-5 楽園タウン池袋B館1F
電話番号:03(5396)1157
オススメ:「ウォーキングテイクアウト・メニュー」の「オレンジシュゼット」
営業時間:11時~21時

最新記事