メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

新ご当地グルメ「豚辛焼」誕生 日本料理研究会弘前支部

2013.6.10 12:40 共同通信
新たなご当地グルメを目指して考案された「ひろさき豚辛焼」。豚肉や清水森ナンバなど地元の食材をたっぷり使っている
新たなご当地グルメを目指して考案された「ひろさき豚辛焼」。豚肉や清水森ナンバなど地元の食材をたっぷり使っている

 弘前市の日本料理研究会弘前支部「弘前四條(しじょう)会」(成田明夫会長)は6日、新たなご当地B級グルメを目指して開発したメニュー「ひろさき豚辛(とんから)焼」を発表した。地元の豚肉を焼き、地場産の在来種トウガラシ・清水森ナンバなど地元の材料をふんだんに使用した甘辛い特製だれを絡めて作った。

 会員たちが1年ほど前から、新しいご当地グルメを検討。年間を通して提供しやすい肉料理を選んだ。

 豚肉は、同市の岩木山山麓で育った「岩木高原豚」。特製だれは、清水森ナンバをしょうゆや米麹(こうじ)などに漬けて半年間寝かせた「一升漬け」や地元のみそ、県産ふじリンゴなどを使用している。………≪東奥日報の記事(2013年6月7日付)≫(全文はこちら)

 

 

東奥日報@弘前(東奥日報)
住所  :青森県弘前市
電話番号:弘前四條会、0172(34)3437
オススメ:ひろさき豚辛(とんから)焼

最新記事