メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

八雲「二海カレー」考案 ホタテ、タコ、ルーに牛乳 3飲食店主

2013.10.14 15:19 共同通信
完成した二海カレー
完成した二海カレー

 【八雲】八雲を代表する味を創作しようと、町内の飲食店経営者3人が新しいご当地グルメ「二海カレー」を考案した。北海道酪農発祥の地・八雲にふさわしい牛乳を使ったホワイトカレーで、具には八雲、熊石地区で捕れるホタテとタコを使った。12日にお披露目し、順次、各店で提供を始める。

 3人は、和食「まるみ食堂」経営の篠原直樹さん(49)、洋風居酒屋「フランドル」経営の泉直希さん(44)、和食「伊勢屋食堂」経営の岡島弘泰さん(43)。八雲観光物産協会の商品開発部会長でもある篠原さんはかねてから「八雲には新鮮な地場産品がたくさんあるのに、地元を代表する料理がない。それを作って地域を盛り上げたい」との思いを秘めていたという。この考えに同協会が賛同して支援することになり、篠原さんは「古くからの顔なじみで、腕も信頼できる」という他の2人に声をかけ、今年6月から話し合いを始めた。 ………≪北海道新聞の記事(2013年10月10日付)≫(全文はこちら)

 

 

稲塚寛子@八雲町(北海道新聞)
住所  :北海道八雲町
オススメ:二海カレー

最新記事