メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

“馬旨”グルメ、長井で午年のプロジェクト 馬肉と「馬のかみしめ」使い新商品

2013.12.23 15:33 共同通信
馬旨かみしめ入りメンチ
馬旨かみしめ入りメンチ

 来年のえとの午(うま)に合わせて馬肉と馬のかみしめ(枝豆)を使った新商品を開発して売り出す、長井市の農家グループ「馬のかみしめ生産者の会」(遠藤孝太郎代表)の「ながい馬旨(うまうま)プロジェクト」が20日、スタートした。市内のTASビルで第1回試食会を開き、創意工夫を凝らした試作品11品を披露。完成度を高め、来月から店頭やイベント会場などで提供していく。


■さつ馬かみしめ揚げ
■さつ馬かみしめ揚げ


■馬のかみしめ入り桜フランク
■馬のかみしめ入り桜フランク

 長井には戦前から馬肉を食べる文化がある。馬刺しやラーメンに載せる馬肉チャーシューが代表格だが、在来種の枝豆・馬のかみしめと合体させて、より魅力的な長井の新名物を作ろうとプロジェクトを立ち上げた。


■馬のかみしめと桜肉寿司
■馬のかみしめと桜肉寿司


■馬のかみしめ もめん豆腐
■馬のかみしめ もめん豆腐

 試食会の料理出品者は、市内のえんどう肉店、肉の大場、草岡ハム、料理教室講師の小野紀代子さん。いずれも馬肉と馬のかみしめを巧みに合わせて調理し、えんどう肉店はメンチカツ、肉の大場は揚げ物やギョーザ、草岡ハムは豆入りの馬肉フランクフルトとソーセージ、小野さんはちらし寿司やシューマイ、チーズと豆を肉でくるんだスティック状のフライを作った。馬のかみしめ生産者の会は、馬のかみしめの農産加工品として薄緑色の豆腐、超大粒納豆、みそを出品した。………≪山形新聞の記事(2013年12月21日付)≫(全文はこちら)

 

 

山形新聞@長井(,山形新聞)
住所  :山形県長井市
オススメ:馬旨かみしめ入りメンチ、馬のかみしめと桜肉寿司 など

最新記事