メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

風評被害を吹き飛ばせ 福島・いわき産野菜で中華のフルコース【GOHAN特製原稿】

2014.3.31 11:58 共同通信
「トマトのホットサワー仕立て」
「トマトのホットサワー仕立て」

 福島第一原発事故による風評被害を吹き飛ばそうと、福島県いわき市の「見せる課」と、東京の中華料理店、北京料理天厨菜館天王洲店がコラボレート。全11品の「いわき野菜だけの中華フルコース」を開発した。

 原発事故で、いわき市も風評被害に苦しんでいたが、放射線量など情報を積極的に開示することで打ち破ろうと、「見せる課」を発足。積極的に情報をホームページなどで公開。攻めの姿勢で農業をはじめ、産業振興に努めている。

 1品目は「焼き白葱と青葱の極上スープ」。ネギのシャキシャキ感が舌触りよく、口の中にフワーっと風味が広がる。2品目は「ゴボウのスペアリブ風 黒醋ソース」はゴボウの甘みとうまみが凝縮されて、酢との相性が抜群だ。

 このほか、「マコモタケとキャベツの強火炒め」はキノコと春キャベツの風味が豊かなハーモニーを醸し出す。「なめことしいたけ、エリンギの辛味噌炒め」は高温で素揚げしているため、うまみが閉じ込められている。「トマトのホットサワー仕立て」は辛さ控えめで赤と黄色のトマト、ブロッコリーの色の取り合わせが鮮やか。デザートの、シャンパングラスでいただく「イチゴの杏仁豆腐」は、イチゴのほんのりとした甘みが最後を飾るのにふさわしい。野菜だけとは思えない食べごたえがあり、ヘルシーなコースだ。

 このほかの料理は、「じゃがいもの冷製」「カブのピューレ ジャスミン風味」「しいたけとエリンギの揚げパイサンド」、ブロッコリーを使った「春の野菜入り水餃子」、締めの「青菜のチャーハン」の全11種類。「野菜にがっぷり四つに組合い、味を引き出すことを心がけた」と山野辺仁料理長。いわき市の西丸巧農林水産部長は「風評被害は確かにあるが、安全、安心であることを生産者や各種団体の力ではねのけていきたい」と話していた。


■北京料理天厨菜館天王洲店の山野辺仁料理長(右)と生産者のみなさん 「いわき野菜だけの中華フルコース」は1人前5500円(税・サービス料別)。5名以上で5日前までに予約が必要。4月いっぱいの提供となる。 コースメニューのほか、「いわき春野菜のスープそば」(1400円)、「桜えびといわき春野菜のチャーハン(1300円)、「いわきいちごのデザート」(650円)がある。
■北京料理天厨菜館天王洲店の山野辺仁料理長(右)と生産者のみなさん 「いわき野菜だけの中華フルコース」は1人前5500円(税・サービス料別)。5名以上で5日前までに予約が必要。4月いっぱいの提供となる。 コースメニューのほか、「いわき春野菜のスープそば」(1400円)、「桜えびといわき春野菜のチャーハン(1300円)、「いわきいちごのデザート」(650円)がある。


 

 

中村彰@天王洲(47NEWS)
住所  :東京都品川区東品川2-2-24、天王洲セントラルタワー別館2階
電話番号:03(5463)1851
オススメ:「いわき野菜だけの中華フルコース」

最新記事