メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

「信州ひすいそば」商品化 松本の農業法人が試験販売へ

2014.10.10 15:44 共同通信
信州ひすいそばで作った半生そばを手にする田中社長(右)ら
信州ひすいそばで作った半生そばを手にする田中社長(右)ら

 松本市、安曇野市の遊休農地でソバを栽培する農業生産法人かまくら屋(松本市)は11日、県がブランド化を進める「信州ひすいそば」を使った半生そばと生そばを試験的に売り出す。中山間地で借り受けた遊休農地は小規模で生産性が高くないため、付加価値の高いそばの商品化で収益力を高める。土産品として来年以降の本格販売を目指す。

 信州ひすいそばは、県野菜花き試験場(塩尻市)が開発した新品種で、麺が緑がかった色になるのが特徴。かまくら屋は、他品種との交雑を防ぐため、地形的に栽培条件が厳しく、周囲にソバ畑がない松本市四賀地区の17ヘクタールで栽培。同社が製粉後、今回の製品を共同開発した製麺業の鎌倉麺業(松本市)が製麺する。………≪信濃毎日新聞の記事(2014年10月10日付)≫(全文はこちら)

 

 

信濃毎日新聞@松本(信濃毎日新聞)
住所  :長野県松本市

最新記事