メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

「生サワラ丼」淡路の新名物に 島内9店舗で発売へ

2014.10.27 10:14 共同通信
脂の乗った切り身をたっぷり味わえるサワラ丼=洲本市役所
脂の乗った切り身をたっぷり味わえるサワラ丼=洲本市役所

 瀬戸内海を代表する幸として親しまれるサワラのどんぶり飯が、淡路島内の9店舗で26日から売り出される。「淡路島の生サワラ丼」と名付け、鮮度抜群の生身で味わう地域古来の食文化を生かしたご当地グルメ。「淡路島の生しらす」が近年人気を集めており、洲本市や漁業関係者らは、新たな名物として期待を寄せている。

 サワラは春、太平洋から瀬戸内海に産卵のために来る。好漁場に近い同市五色地域では昔から、刺し身やたたきなどが食卓に並ぶ。………≪神戸新聞の記事(2014年10月24日付)≫(全文はこちら)

 

 

佐藤健介@洲本(神戸新聞)
住所  :兵庫県淡路島
電話番号:洲本市農政課、0799(33)1924
オススメ:淡路島の生サワラ丼

最新記事