メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

名古屋コーチンシューマイが好評 小牧商議所開発、手頃さ売り

2015.6.28 16:27 共同通信
好評の名古屋コーチンシューマイ=小牧商議所提供
好評の名古屋コーチンシューマイ=小牧商議所提供

 小牧商工会議所が、小牧市発祥の名古屋コーチンの肉を100%使ったオリジナルの「名古屋コーチンシューマイ」を開発した。小牧名物を目指す新たなグルメは、高価なコーチンを身近な品に仕立てたことでヒット。蒸すだけでなく鍋料理やスープの具材としても提供され、「柔らかくてジューシー」と好評だ。

 小牧商議所は「名古屋コーチンプロジェクト」と銘打って、コーチンのPRに取り組み、取り扱う店舗の拡大を目指してきた。その中で悩みの種だったのがコーチンの“敷居”の高さ。高価なうえ、調理技術や販売力も要求され、市内で扱っていたのは十店ほどに限られていた。

 そこで、コーチンを使った統一の食品を作ることで、幅広い店舗が扱いやすくすることを発案。プロジェクトに参加するデリカ食品工業(同市入鹿出新田)とともに開発を進め、昨夏、シューマイを完成させた。


■「ぷらむはうす」が出している名古屋コーチンシューマイの定食=小牧商議所提供
■「ぷらむはうす」が出している名古屋コーチンシューマイの定食=小牧商議所提供

 商議所の担当者は「シューマイなら、お手ごろで使い道が広い」と狙いを説明。カレーライスやラーメン・うどんのトッピング、串揚げ・串焼きなどの用途も提案している。

 扱う店舗を募集したところ、現在は市内六店と市外十二店に広がっている。鍋料理の具材として提供する名鉄小牧ホテル(同市中央)の宮下信夫支配人は「シューマイを入れると、コーチンのだしが加わって、特に野菜がおいしくなる。宿泊客が物珍しさもあって注文してくれる」と紹介。定食として出している飲食店「ぷらむはうす」(同市小牧)の小久保直好さんも「店の売りの有機野菜とよくマッチして売れ筋」と手応えを話した。………≪中日新聞の記事(2015年6月13日付)≫(全文はこちら)

 

 

加藤隆士@(中日新聞)
住所  :愛知県小牧市
電話番号:小牧商工会議所、0568(72)1111
オススメ:「名古屋コーチンシューマイ」

最新記事