メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

ホタテを使ったカレー、ギョーザ商品化 道の駅あぷた

2015.7.27 16:05 共同通信
新商品「北海道噴火湾ほたてっ子カレー」と「もちぷりっ!ホタテ包子」
新商品「北海道噴火湾ほたてっ子カレー」と「もちぷりっ!ホタテ包子」

 洞爺湖町入江の国道37号沿いにある「道の駅あぷた」は、虻田漁港で水揚げされたホタテを使ったカレー、ギョーザを開発し、駅内で販売を始めた。噴火湾産ホタテのおいしさをPRする呼び物として、売り込みに力を入れている。

 「北海道噴火湾ほたてっ子カレー」は、ホタテが持つうま味を逃がさないよう、昔ながらに釜ゆでした稚貝と2年貝を煮込んだ濃厚な味が特長のレトルトパウチ食品。1箱(220グラム)税込み850円。道の駅内で提供している同名のカレーは、多い日で50~60食の注文が入る看板商品。人気カレーのレシピを忠実に再現した。

 道の駅は今年で開業10年。駅の外でも展開できる節目にふさわしい独自商品を、と1年ほど前から検討を重ね、町商工会の支援で派遣されたコンサルタント会社のアドバイスを受け、1次加工したホタテを札幌市内の製造業者に送りレトルト食品に加工した。パッケージデザインにもこだわり、表面にはカレー、裏面には道の駅の外観と漁港に沈む夕日の写真を載せた。………≪室蘭民報の記事(2015年7月22日付)≫(全文はこちら)

 

 

野村英史@洞爺湖(室蘭民報)
住所  :北海道洞爺湖町入江
電話番号:0142(76)5501
オススメ:北海道噴火湾ほたてっ子カレー

最新記事