メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

大豆パテはにおいも良し 復興めし 釜石バーガー

2015.9.21 22:30 共同通信
大豆パテはにおいも良し 復興めし 釜石バーガー
大豆パテはにおいも良し 復興めし 釜石バーガー

 岩手県釜石市のパン屋さん「あんでるせん」の主人小笠原辰雄さん(63)は思案していた。釜石バーガーの生みの親だ。

 バーガー第2弾の開発を急がねばならぬ。

 第1弾はイワシバーガーだった。地魚をパテに使う。復興グルメには最適と考えた。

 だが、問題があった。水揚げにばらつきがあり、安定生産できない。しかもパテを焼くと、パン屋さんなのに魚屋さんのにおいがする。

 そこで地元業者の考案した大豆のハムに目を付けた。高タンパク低カロリー。食感はひき肉に似る。厚切りにして火を通すとパテらしくなる。

 こうして昨年秋、第2弾が誕生した。パンは市の花、はまゆりの酵母で発酵させる。レタスを敷き、ケチャップとマヨネーズで味付けした。………≪河北新報の記事(2015年9月11日付)≫(全文はこちら)

 

 

河北新報@釜石(河北新報)
住所  :岩手県釜石市鵜住居町
電話番号:0193(28)4466
オススメ:釜石バーガー
営業時間:午前7時から10時半

最新記事