メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

大張野(おおばりの)豚の「バリコロ焼き」 新顔続々

2015.9.28 16:24 共同通信
試食会で発表されたバリコロ焼きの新メニュー
試食会で発表されたバリコロ焼きの新メニュー

 地元産豚肉を使った秋田市河辺雄和地域のご当地グルメ「バリコロ焼き」を多くの人に知ってもらおうと、河辺雄和商工会は10月から加盟11店舗の食べ歩きキャンペーンを開催する。24日は新メニューの試食会があり、工夫を凝らした各店の自慢料理が並んだ。

 バリコロ焼きは2011年に商工会青年部が開発した。河辺大張野(おおばりの)地区で飼育されている「大張野豚」をサイコロ状にカットするため、この名が付いた。鉄板で焼き、地元産の刻みネギと塩だれを掛ける調理法がオリジナル。最近は各店がアレンジを加え、個性豊かな一皿を提供している。

 試食会には7店が参加した。一般も利用できる国際教養大のカフェテリアは、果物を隠し味に使った焼き肉のタレで味付けし、とろろを掛けた丼を出品。他店はデミグラスソース煮込みや、トマト風味の酢豚などを発表した。食べ比べた参加者は「どれも肉が軟らかくておいしい」と味に太鼓判を押した。………≪河北新報の記事(2015年9月25日付)≫(全文はこちら)

 

 

河北新報@秋田(河北新報)
住所  :秋田市河辺雄和
オススメ:バリコロ焼き

最新記事