メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

全国初、養殖スマ出荷 「全身トロ」で美味 県と東京海洋大など

2016.1.18 12:37 共同通信
人工産卵から養殖し、日本で初めて出荷されるスマ(上)。下は「全身トロ」と呼ばれるスマの切り身
人工産卵から養殖し、日本で初めて出荷されるスマ(上)。下は「全身トロ」と呼ばれるスマの切り身

 和歌山県水産試験場(串本町)は12日、人工的に産卵させて育てた「スマ」(サバ科)を全国で初めて出荷すると発表した。東京や大阪の百貨店などに合計約40匹を出荷する。スマは「全身トロ」といわれるほど美味とされるが、日本ではほとんど漁獲されないため「幻の魚」と呼ばれる。県は「高級マグロに匹敵する高級魚として売り込みたい」としている。

 養殖業の低迷を受け、試験場が東京海洋大学と串本町の養殖業者「丸東」と協力して2012年度から研究を進めてきた。13年度には日本で初めて養殖のための種苗の量産技術を開発した。共食いなどが課題だったが、餌を調整することで抑制した。

 14年度には人工種苗の約450匹が越冬に成功。昨年11月には約100匹に減ったが、うち約40匹が生存し出荷サイズの45センチ(1・5キロ)になった。

 販売は16日。出荷先は日本橋三越本店内の「吉川水産」(東京)、阪急うめだ本店の「まぐろ寺本」(大阪)と、和歌山市の和歌山マリーナシティ黒潮市場。高級マグロに匹敵する価格帯で取引されるという。 ………≪紀伊民報の記事(2016年1月12日付)≫(全文はこちら)

 

 

紀伊民報@串本(紀伊民報)
オススメ:養殖スマ

最新記事