メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ニッポンのGOHAN

全国の新聞社スタッフの食べ歩きブログ。グルメ情報誌に載っていない隠れた郷土料理や意外な日常食、おもしろい食べ方などが満載!

「玉子ふわふわ」で新グルメ 杉戸農高生が企業とコラボ

2016.3.14 13:03 共同通信
杉戸宿新グルメを発表した杉戸農業高校の生徒ら=杉戸町で
杉戸宿新グルメを発表した杉戸農業高校の生徒ら=杉戸町で

 今年で開宿四百年となる杉戸町の旧日光街道杉戸宿の記念プロジェクトで、県立杉戸農業高校と町内企業が開発した「杉戸宿新グルメ」が商品化された。うどん、プリン、シフォンケーキの商品三品で、杉戸宿の本陣で提供された供応料理「玉子ふわふわ」を現代風にアレンジした。先月末に発表会があり、関係者たちは新商品の普及を期待した。 

  (中西公一)

 町では杉戸宿開宿四百年を機に地域を活性化しようと各種のプロジェクトを展開。新グルメは、町商工会と町商工観光課が二〇一四年に町内の店主らによる食資源開発部会をつくり、杉戸農高の一、二年生と町の歴史や食文化をテーマに開発してきた。今回は生徒たちが昨年発表した試作品を基に、温浴施設「雅楽(うた)の湯」と洋菓子店「アトリエ ル・ミュゲ」が改良して商品化した。

 雅楽の湯であった発表会には、古谷松雄町長や生徒たちを指導した料理研究家の小松美貴子さんら関係者が参加し、生徒たちが商品の内容を説明した。

 発表されたのは、「たまふわ杉農カレーうどん」「ふわとろたまふわプリン」「たまふわクリームシフォン」の三つ。

 いずれも同高食品流通科の坂本彩人さん(16)がうどん、木内未来(みく)さん(17)と中村未空(みく)さん(17)がプリン、森田菜緒さん(17)と小川千陽さん(16)がシフォンケーキを担当。どの商品も試行錯誤を繰り返し、卵白を泡立てたメレンゲを使うなど「ふわふわ感」を出すよう工夫された。………≪東京新聞の記事(2016年3月8日付)≫(全文はこちら)

 

 

中西公一@杉戸(東京新聞)
住所  :埼玉県杉戸町
電話番号:雅楽の湯=0480(53)4126、、アトリエ ル・ミュゲ=0480(32)7712
オススメ:「たまふわ杉農カレーうどん」「ふわとろたまふわプリン」「たまふわクリームシフォン」

最新記事