メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

【4203】北島 SIZZLE Dolce 生酛純米 生酒(きたじま しずる どるちぇ)【滋賀県】

2020.4.2 17:58
滋賀県湖南市 北島酒造
滋賀県湖南市 北島酒造

【F居酒屋にて 全13回の①】

 年に2~3回飲んでいる5人グループ。もともとTとわたくしは仕事で知り合い、よく2人で飲んでいた。Tの友人が次々に加わり5人のメンバーとなった。今回の場所は、TT居酒屋時代からお付き合いのあるF居酒屋だ。メンバーのうち1人がドクターストップで欠席。今回は4人で飲んだ。

 最初に持ってきたのが「SIZZLE Dolce 生酛純米 生酒」。ラベルや酒名を見ても、何がなんだか分からない。戸惑っていると、店主が「北島のお酒ですよ」。あ、それなら分かる。これまで当連載で6種類を取り上げている。しっかりした味わいの酒、というイメージを抱いている。今回のお酒はどうか。裏ラベルも読まず、いきなり飲む。

 酒蛙「おおおっ、イチゴの香味が感じられる。ユニークな香味だ。こんな香味は初めてだ」
 N 「フルーティーだが、香りと味にギャップがある。酸味がかなりある」
 D 「甘い」
 酒蛙「フレッシュな酸。ソフトできれいな酒質」
 N 「飲み進めていくと、だんだん甘みが感じられる。女性が好きそうなお酒だ」
 酒蛙「ラベルの赤いのはトマトなんだろうか???」
 D 「アンズですよ」(Dは、ちゃんと裏ラベルを読んでいた)
 酒蛙「あ、なるほど、アンズか。味わい直してみると、アンズとイチゴが混ざったような香味に感じられる。食前酒みたいだ」
 N 「たしかに食前酒っぽい」
 酒蛙「甘旨みはほどほどで、やさしい出方をしている。余韻は辛み」

 瓶の裏ラベルは、この酒を以下のように紹介している。「SIZZLEは、日本酒が織りなす味わいの美しさを視覚的なイメージで、“しずる感”をラベルに表現してみました。このDolceは口当たりからソフトで甘美な味わいが広がり、そのテイストは柔らかなチーズケーキにあんずソースが広がるような美味しさ。おすすめは少し冷やした状態でお楽しみ頂ければ、より“しずる感”が広がります」

 裏ラベルのスペック表示は「原材料名 米(国産)米こうじ(国産米)、アルコール分17度、精米歩合70%、製造年月19.12」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 ちなみに「SIZZLE」は英語で、一般的には「みずみずしい」とか「ジューシー」という意味合いで使われることが多い。また、「Dolce」はイタリア語で、「甘美な」「優しい」「柔らかい」などの意味という。

関連記事 一覧へ