メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ORICON

全国52参加新聞社と共同通信のニュースを束ねた47NEWSにオリコンがエンタメニュースを提供。芸能、音楽、映画・アニメなどの旬な話題を掲載しています。

瀬田なつき監督、W主演の山田杏奈&鈴木仁を称賛

2020.10.29 20:58
W主演の山田杏奈&鈴木仁を称賛した瀬田なつき監督 (C)ORICON NewS inc.
W主演の山田杏奈&鈴木仁を称賛した瀬田なつき監督 (C)ORICON NewS inc.
 映画監督の瀬田なつき氏と音楽家のトクマルシューゴが29日、都内で行われた映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』(11月6日公開)のトークイベントに出席した。

【写真】トクマルシューゴとともに登壇した瀬田なつき監督

 原作は、『リバーズ・エッジ』や『ヘルタースケルター』などで知られる岡崎京子氏が1989年に刊行した同名の漫画。自分が何者なのか何が欲しいのかもよくわからない10代の女の子が、同じようにまだ何者でもない男の子に出会い、じたばたしながら思いをとげる姿を描いたラブストーリー。

 主人公・渋谷ハルコを山田杏奈。彼女が一目ぼれする神奈川ケンイチを鈴木仁が演じる。“世紀の恋”とはしゃぐハルコに対し、ケンイチは受験目前に衝動的に学校をやめてしまい、それどころではない。さらに、勢いでナンパした危険な香りのするマユミに夢中になるケンイチ。2人の恋はどこにいくのか、悩みもがく少年少女の恋と成長物語が紡がれる。

 瀬田監督は、山田について「普段は落ち着いている感じなんですけど、『もうちょっと年齢層を下げてやってみてください』と言ったら明るくやってくれました」といい鈴木に対しては「今どきなのか、つかみどころのない感じなんですけど現場で頑張ってくれました。『こんなに切ったの初めてだ!』と言ってましたが前髪も切ってもらいました」と役作りと現場でのたたずまいを絶賛した。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

関連記事 一覧へ