メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

ORICON

全国52参加新聞社と共同通信のニュースを束ねた47NEWSにオリコンがエンタメニュースを提供。芸能、音楽、映画・アニメなどの旬な話題を掲載しています。

『未解決の女』 谷原章介&皆川猿時が新レギュラー

2020.7.14 6:00
木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(8月6日スタート)谷原章介(右)と皆川猿時(左)が新レギュラーに加入 (C)テレビ朝日
木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(8月6日スタート)谷原章介(右)と皆川猿時(左)が新レギュラーに加入 (C)テレビ朝日
 女優の波瑠と鈴木京香の異色バディが活躍するテレビ朝日系木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(8月6日スタート、毎週木曜 後9:00※初回は2時間スペシャル、午後8:00~午後9:48放送)に、新レギュラーとして谷原章介と皆川猿時が加わることが発表された。

【写真】波瑠のウエディングドレス姿

 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する新感覚の爽快ミステリー。

 今回、レギュラー出演が明らかになった谷原は、2019年4月28日放送のドラマスペシャルで演じた京都府警捜査一課の刑事・国木田哲夫役で再登場。前回は朋&理沙と連携し、東京と京都で起こった連続殺人事件を捜査。いつも一生懸命な朋に好意を寄せ、ラストシーンでは「次こそはデートしような」とラブコールを送っていた国木田だが、まさに青天の霹靂、Season2では警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の“新係長”に就任する。

 この驚きの展開に谷原も「国木田はスペシャルの最後で、朋ちゃんに『またね!』と言ってウインクして去って行きましたが、仲間として帰ってこられるなんて! 『未解決の女』の世界にまた参加することができて光栄です」と大喜び。スペシャルでははんなりと上品でありつつ、時折ちょっぴり鼻につく言葉で毒も吐く京男ぶりをみせた国木田だが、そのキャラクターは今回も健在のようで…。

 「遠藤憲一さんのハードボイルドさとは対照的な品の良さを前面に出していきたいと思います」と谷原。波瑠も「谷原さんはスペシャルのとき、常に読書されている姿が印象的でした。6係にさらに“良い声”が増えそうで、今後の撮影が楽しみです」と胸を弾ませる。

 一方、皆川はシリーズ初登場。「皆様の足を引っ張らないように、面白い作品作りに少しでも貢献できるように、皆川猿時49歳、ベスト体重の95キロで挑ませていただきます(笑)。よろしくお願いします!」と気合十分。第6係に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)を、四六時中サポートする室長補佐・宗像利夫を演じる。実は宗像、あの古賀の側近だけあって、かなりの処世術の持ち主。とにかく基本ラインは、古賀に絶対服従…と見せて、たま~にそっと正論を進言し、ムチャクチャな古賀をうまく軌道修正させるなど、なかなかのやり手だったりする。

 皆川は「ボスにもウザがられる腰巾着豚野郎です(笑)。ある意味、とっても人間的なキャラクターではないかと思います。ソーシャルディスタンスぎりぎりを攻めたいです!」と宣言。波瑠も「皆川さんはさすがのコメディー力で、一緒のシーンでは圧倒されています」と驚くほど、コミカルな芝居を連発し、『未解決の女』に新たな笑いの風を吹き込んでいる。

 また、皆川は 「共演者の皆様に温かく迎えていただき、伸び伸びやらせてもらっています。クランクインから早1ヶ月、お陰様でベスト体重の95キロから5キロほど増え、とうとう三桁になってしまいました(笑)」と、日々の撮影に充実感をにじませる。Season2に小気味良いスパイスを効かせる“古賀との強烈コンビぶり”に注目だ。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

関連記事 一覧へ