メニュー 閉じる

47NEWS

文化

文化

ORICON

全国52参加新聞社と共同通信のニュースを束ねた47NEWSにオリコンがエンタメニュースを提供。芸能、音楽、映画・アニメなどの旬な話題を掲載しています。

大泉洋、ハリウッド映画の吹き替え初挑戦 “ひねくれキャラ”オファーに「なぜだろう?」

2018.7.13 5:00
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
アニメーション映画『グリンチ』の吹き替えに初挑戦する大泉洋 (C)UNIVERSAL PICTURES
アニメーション映画『グリンチ』の吹き替えに初挑戦する大泉洋 (C)UNIVERSAL PICTURES
 俳優の大泉洋(45)が、ミニオンを生んだイルミネーション・エンターテインメントの長編アニメーション最新作『グリンチ』(12月14日公開)の日本語吹き替え版声優を務めることが12日、わかった。常に不機嫌で周りの村人たちに意地悪をする、ひねくれ者のグリンチを演じ、ハリウッド映画の吹き替えに初挑戦。「グリンチのキャラクターにぴったりということでオファーをいただいたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、『なぜだろう?』と不思議に感じております!」と話している。

【動画】ぴったり? 『グリンチ』大泉洋の吹き替えシーン

 米国の絵本作家ドクター・スースによるクリスマスの物語が原作。グリンチは、少しぽっちゃり気味の全身緑の身体に、トレードマークである赤いマフラーを巻き、ふてぶてしく歩く姿は、どこか愛らしくて憎めない。小さい頃は純粋でかわいかったのに、大人になるまでに何があったのか。

 配給会社の担当者は「グリンチというキャラクターに出会った瞬間、真っ先に大泉洋さんを連想しました。大泉さんをもしアニメキャラ化したら、きっとこんな感じだろうな…と。いえ、決してひねくれている所が似ているという意味では無いです。違います」とオファーの理由を説明。大泉は「これがまた憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」と意気込んでいる。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

関連記事 一覧へ